チーム

【永久保存版】プロギャンブラーも使う31個のカジノ攻略法・必勝法|勝ち方、賭け方まとめ

テーブルリミットピラミッド法カジノ - 58814

負け額回収を目的とした必勝法はピラミッド法以外にも存在します。ここでは、有名な投資法「 マーチンゲール法 」「 グランマーチンゲール法 」を15ゲーム行った場合の利益額と投資額を比べてみました。

攻略法の種類と選び方

ベッティングシステム Betting system とは、 カジノ などの 賭博 で、どのような賭け方(ベット)をするかの戦略である。ベッティングストラテジ Betting strategy 、マネーマネジメント Money management とも呼ばれる。 ベッティングシステムは前回の結果が次回の結果に影響する( 独立事象 )かどうかによって、大きく2つに分けることができる。独立事象でないものは、有利不利の段階に応じてベットすることによって 期待値 を変動させることができる。一方、独立事象のものは、 分散 の変動のみが可能である。 例えば ブラックジャック 、 バカラ などのようなゲームである。これらのゲームは、各ラウンドごとにカードを新たにシャッフルしなおさず、前回までに使われたカードの含まれないデックで次のゲームが始まる( マルコフ過程 )。つまり、ラウンドごとに1単位に対する期待値が変動し、プレイヤはそれを利用することができる。 例えばブラックジャックにおいて、この偏りを利用するのが カウンティング であり、その戦略にベッティングシステムが含まれている。プレイヤは カウント に応じて次のようにベットを行う。 またこれはベッティングシステムとは異なるが、試行回数を増やす、すなわちベットを等分に分けマルチハンドでプレイすることによって分散を減らし( ヘッジ )、パンク(破産)リスクを軽減させることができる。 例えば ルーレット 、 クラップス のような、前回の結果が今回に影響しないようなゲームである。このようなスタイルのゲームは、 控除率 が0ではない限りどのような賭け方をしようと期待値は常にマイナスであり、長期間のプレイで勝利することは難しい。ただし、賭け方を工夫することによって、分散の違い、すなわち、。

マーチンゲール法の仕組み

統計学を学ぶと、必ずといっていいほど賭け事に応用したくなるものです あくまで私見です 。 但し、身を持って経験をせずとも結論を導くことができるのも、また統計学の面白いところではないでしょうか。 下記では古典的な賭博必勝法である「マーチンゲール 倍賭け法 」について考察していきたいと思います。 Wikipedia より 一部編集 最も古典的かつ有名な手法で、カジノ必勝法として永らく愛されてきた。 まず1単位賭け、負ければその倍の2単位、さらに負ければそのさらに倍の4単位、と賭けていき、一度でも勝てばただちに1単位に戻す、という手法。 試行回数に関係なく、勝った時には1単位を得ることになる。 いかがでしょうか。 資金がある限り「絶対に」負けません。そう、勝ち続けるのです! でも、こんな必勝法があったら勝ち逃げばかりされてしまい、たちまちカジノは潰れてしまうはずなのに、お客さんが儲かり過ぎて潰れたという話は聞いたことがありません。 結論から言いますと、下記の理由により、やはりカジノ側が勝つようになっているのです。 A:回数が増えるごとに倍賭けするため、途中で資金がショートする B:「0」や「00」があった場合には「必ず勝つ」ということでもなくなる C:賭け金に上限設定がある テーブルリミット などでしょうか。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。