チーム

建設中の大型カジノ、建造物デザイン無断コピー!?

で勝カジノ大手ゲンティン - 37630

ランキング 週刊東洋経済プラス 四季報オンライン ストア セミナー。

ダイナム、パチンコで大衆カジノに参入?

世の中には 「マネ」 にまつわる騒動が少なくない。いわゆる無断コピーや著作権侵害などだ。  その分野の幅は広く、商品、商標、ロゴ、デザインなどから、音楽や美術作品、さらには特許技術から研究論文まで多岐にわたる。 今回のコピー騒動は 建造物 。外観などのデザインがそっくりというわけだ。  建造物の場合、大きなものであるがために視覚的な露出度が高く、その業界人かどうかに関係なく、万人に無断コピーという行為が知られてしまい、また、一度世に出してしまったものは爆破解体でもしない限り引っ込めることができず、半永久的にその悪行が世間の目にさらされることになる。  つまり露出度や存続期間という意味で、建造物の無断コピーは極めてたちが悪く、コピーをした側にとっての不名誉は忘れ去られることなく、その土地に永遠に残ってしまいやすい。 それがゆえに、事例としては他の分野の無断コピーよりも総じて少ないように見受けられ、仮にコピー建造物が出現する場合においても、ここラスベガスにパリのエッフェル塔や凱旋門、エジプトのピラミッドやスフィンクスなどがあるように(これらは「無断」ではないが)、 「元祖」 と 「コピー」 は別の地域に存在するのが普通だ。  ところが今ラスベガスにおいて、元祖とコピーが同じエリアに同居という信じがたい事例が、まさに現在進行形のカタチで現実のものになろうとしている。 騒動の主役は、旧スターダストホテルの跡地で建設が進められている 「リゾートワールド」 というカジノホテル。(このページの一番上の写真)  経営の主体はマレーシアに拠点を置くリゾート・レジャー業界の大手 ゲンティン社 で、創業者(故人)も現経営陣も華僑という完全なチャイニーズ系の会社だ。 このリゾートワールドの外観が、ラスベガス屈指の高級カジノホテル 「ウィンラスベガス」 およびその別館である 「アンコール」 と酷似しているということで世間を騒がせているわけだが、地元メディアなどを見ている限り、 「デザインは偶然の一致」 、 「許される範囲」 といった擁護論は少数派のようで、 「明らかにコピー、許される範囲を超えている」 といった厳しい意見が目立つ。 当然のことながら、ウィン側は訴えを起こし、物言いを付けた。  はたして 悪質な無断コピー なのか、それともウィン側の過剰な 言いがかり なのか…。  まずは百聞は一見にしかず、写真を見ていただくこととしたい。下の写真がウィン(右)とアンコール(左奥)だ。

パチンコ大手、マカオのカジノ王に接近 | ゲーム・エンタメ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

年中無休で24営業しており、 ドレスコードもなく、会員登録の必要もなく観光客も自由に入場 することができます。 電子ゲームの良いところは、テーブルゲームよりも BET額が低く設定されているため、初心者であっても気軽にスリリングなゲーム体験に挑戦 することができることです。 ゲーミングフロアの騒音から離れて、専用の麻雀室で、 お友達同士でのんびりと遊ぶ ことも可能です。

🔥【大爆笑】日本に初上陸!新カジノで大激闘【オンラインカジノ】【フトカジ kaekae】

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。