チーム

還元率 カジノ ラスベガス

返還率ビンゴカジノ - 46826

先ほども述べた通り、胴元のいるギャンブルでは、必ず胴元のハウスエッジが必ず有利になるようにゲームのルールや配当があらかじめ決められています。控除率(ハウスエッジ)とはその 有利な比率 のことを意味します。

ネットカジノってどういう仕組みで経営してるの?

健全なオンラインカジノを語るうえで、このeCograという組織は無視することのできない存在である。通常、カジノの信頼性をみるためには運営実績、ソフトウェア、ライセンス発行元、運営者、サポートの品質、ペイアウト監査などが主な基準になるが、それをプレイヤーがいちいち正しく調べたうえで遊ぶのは容易ではない。 そこで該当するオンラインカジノが、評価基準となっているeCograからの認定を得ているかが分かれば、そこを利用してよいか一目瞭然。プレイヤーにとって貴重な評価基準となっているのだ。 eCograが設立されたのは2003年。それまではネット環境もまだ不完全であり、国境を越えたオンラインギャンブルの規制機関などはなかった。 そこで世界4大監査会社の一つであるPriceWaterhouseCoopers(PWC)の協力のもと、業界を横断するような意味ある基準作りを目指してeCograは作られ、第三者機関として今も着実に実績を上げている。前述の通り、eCograの主な使命はプレイヤーを守ることである。 プレイヤーおよびソフトメーカーに支持され、継続的にクオリティが維持される理由として、監査の後でも常にeGAPに基づいた監査が続いていることが挙げられる。 PWCなどは普通100ページ以上に渡る報告書をeCograに提出し、これをeCograの委員が精査するということになるが、そこで基準を満たしていない点について各カジノに通告し、不合格点を直した後、再監査となる。さらに、合格して認定された後でも、フォローアップレビューというものがあり、新たな基準が追加されるたびに監査が行われる。 上記の通りそういう意味では、すべてのカジノが一度は不合格になりうるのだ。 では少し立ち戻るが、eCogra登録前のソフトウェア会社により開発されたゲームは、そもそもどのような検定・検査過程を経て「完成」へと導かれていくのだろうか。 それにはまず検定を通過する必要があり、例えばTSTやitechlab、GA、 BMMなどの第三者機関による認証テストが欠かせない。とくにTSTは1993年にカナダで設立以来、ロンドンやマカオにも審査研究所を設けており、今ではギャンブル系のRNG(Random Number Generator=乱数発生プログラム)ですら、TSTを審査機関としては最大手として認識している。 さらにTSTは、米国ランドカジノのスロットで最大手のIGT(International Game Technology)の機械を検定していることでも知られる組織だ。 そうした信頼ある第三機関による認証テストをパスして、はじめてeCograの認証に至るのだ。

ペイアウト率とハウスエッジの関係

期待値や還元率とは、長期間ゲームをプレイした時に最終的にプレイヤーの手元に残る総資金をとした時の割合であったり、1回のゲームでベットする賭け金額が何割プレイヤーに戻ってくるかを示す指標を表しますが、カジノゲームではバカラやブラックジャックで約 98% 、ルーレットでは約 94。 たとえば、アメリカンルーレットを回プレイした時に収支が黒字になるプレイヤーは約 26% 、1,回の勝負では約 4% 、10,回プレイした場合は半分の5,回以上勝利する確率はなんと 0。

オンラインカジノ大研究② – (3)

当然、ペイアウト率とはなんなのか? という疑問が浮かびますが、その定義は賭けたお金に対して、どれくらいの割合で払い戻しが期待できるかを示した数値(オンラインカジノ還元率)のことを言います。 例えば、ペイアウト率95パーセントのゲームの場合、万円を賭ければ平均して95万円が戻ってくる計算になります。 「 それって損じゃん 」と思うかもしれませんが、当然です。基本的に、すべてのゲームはカジノ側が勝つようにできています。なので、ペイアウト率がパーセントを超えるゲームはないと思ってください。 それでは勝てないと思いますよね。でも、違うのです。ペイアウト率というのは、個人単位で数えられるものではなくて、カジノ全体(あるいはゲーム全体)でカウントされるものだからです。 仮に、万円を持ったAさんとBさんがいて、Aさんは万円勝ち、Bさんは全額スッテしまったとします。2人の合計元金は万円でリターンは万円ですから、この場合、ペイアウト率は95パーセントになるんですね。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。