公開

カジノの聖地巡礼。モナコ公国のCASINO DE MONTE-CARLO(カジノ・ド・モンテカルロ)

ドレスコードアロハカジノ - 17773

こんにちは! Casimo編集長の笠原豪です。 今回は 初心者必見の世界のカジノドレスコード事情 を徹底的に解説していきます。 ドレスコードと言うとパーティーやレストランを思い浮かべるかもしれませんが、 カジノにもしっかりとドレスコードがあります。

カジノ初心者もこれで安心!ラスベガスの必読ルールまとめ

ラナイ アラモアナセンター。 ドレスコードを調べてみると、「 リゾートカジュアル 」と指定しているレストランが多いようですね。以下に、日本人旅行者に人気のレストランをいくつかピックアップしてみました。 モアナ サーフライダー ウェスティン リゾート&スパの1階にある「 ビーチ ハウス・アット・ザ・モアナ(以下、ビーチ ハウス) 」は、ビーチフロントに面したエレガントな雰囲気が漂うレストランです。ハワイ出身のシェフがメニューを考案し、地産の厳選食材をふんだんに使用。海鮮料理から肉料理まで、ハワイの食文化にインスパイアされた料理を楽しむことができます。 ディナーの予約および問い合わせ:セントラル・ダイニング・リザベーション・センター 電話:() 受付時間:月曜~土曜、日曜 ネット予約は こちらのページ をご覧ください。 ロイヤル ハワイアン ラグジュアリー コレクション リゾート の1階に位置する、「 アズーア レストラン(以下、アズーア) 」では、ハワイ屈指のシェフが新鮮な食材で創り上げる魚料理や数々のグルメ料理を楽しめます。熟練ソムリエによるワインのペアリング、お料理との相性が良い同店の特製カクテルなども見逃せません。 ディナーの予約および問い合わせ:セントラル・ダイニング・リザベーション・センター 電話:() 営業時間:月曜~土曜、日曜 ネット予約は こちらのページ をご覧ください。

憧れの聖地体験。カジノ広場のグランカジノへ。

水着やTシャツ、短パンといったカジュアルな格好で気楽に過ごせるリゾート地のハワイ。しかし、ハワイにもフォーマルなファッションが必要な時があるのです。 高級レストラン や クルージング 、 クラブ などに出かける予定の方は、ハワイのドレスコードを事前にチェックしておきましょう! ハワイのドレスコード情報もくじ ブルーの文字をクリックすると、その項目にジャンプします。 しかし、高級なレストランやクルーズ船などは話が別。レストランを予約する際に「ドレスコードはありますか?」と聞いても「特に気にしなくて大丈夫です。」と言われる事もありますが、Tシャツにビーチサンダルなど 開放的なビーチスタイルのままレストランへ行く事は避けましょう 。 子ども向けのドレスコードは、特に指定される事はありません。大人の服装に合わせて、 清潔感がある服装であれば問題ない でしょう。ただし、レストランによっては 子どもの入店に年齢制限が設けられている ケースも。予約時に問い合わせておくと安心です。 水着、ビーチサンダル、タンクトップやショートパンツ、デニム、帽子 などは、いかなるレストランでもやめておいたほうが良いでしょう。入店を断られるケースもあるのでご注意を!

ドレスコードアロハカジノ - 46220

いざ入場。雰囲気の良い紳士とのゲーミングを満喫。

世界中のカジノ愛好家にその名を知られる聖地・モナコ。 その中でも神殿のように荘厳な雰囲気を誇る伝統のCasino de Monte-Carlo カジノ・ド・モンテカルロ へ行ってきました。 非常にゆったりとした貴族的な雰囲気があり、ゲームテーブルの間隔もマカオ等のカジノと比較して広めになっています。 これはヨーロッパでは、カジノが紳士淑女の社交場でもあるためで、入場料1名につき10ユーロを支払うに値する場と言えます。 ドレスコードが設けられており、Yシャツにスラックス程度の服装であれば問題なく入場できますが、前述のようにTシャツにショートパンツといったラフすぎる服装は避けた方が無難です。入場の際には、IDカード(パスポート等)を求められるので、こちらも携行を忘れずに。 グランカジノに入るには、カメラ等はクロークへ預ける事になりますので、ルールに従って紳士的にゲーミングを楽しみましょう。(プライベートルームを利用する場合には追加でさらに10ユーロ必要となります。)。 夜のカジノ・ド・モンテカルロ(通称:グランカジノ)の美しさはご覧の通り。 街並みの美しさとも相まって、一度は体験して頂きたいゲーミングツアー先と言えます。 私がプレイしたのはサロン・プリヴェでのヨーロピアンルーレット。 グランカジノの営業時間は、毎日午後2時からサロン・ヨーロッパ、木曜~日曜及び祝祭日の午後2時から営業のサロン・プリヴェがメインとなっています。 これは伝統的なヨーロピアンルーレットの人気が高い為で、それとは別にアメリカ的なカジノゲームであるブラックジャック、クラップス、アメリカンルーレットはサル・デ・ザメリックでプレイする事が可能です。 入場に際し必要なものは以下の通りとなります。 ・入場料・・・1人につき10ユーロ(プライベートルーム利用は別途10ユーロ) ・身分証明・・・IDカード(パスポートがおすすめです) ・ドレスコード・・・あり(ラフすぎない格好であれば問題なし。破れたジーンズ等はお断りされるケースもあるようです。) ・年齢制限・・・18才以上。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。