公開

モバイルカジノゲーム

スキルゲームバハマカジノ - 61527

自分のスキルを勝負に活かせる、ブラックジャックやポーカー等は、これが顕著に表れます 。基本的な知識をベースに、経験で大きく差が付くので、まず基本知識を身につければ、 特にブラックジャックは大きく勝率を上げられます 。

スキルゲームってなに?

こんにちは。 Compathy Magazine ライターのOkkAです。 ラスベガスといえば最初にカジノを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか? カジノの聖地ラスベガスではホテルにカジノが併設されていたり、空港にスロットマシンがあるなど、至るところでカジノに触れる機会があります。 ギャンブルをやらない人はカジノに少し怖い印象があるかもしれませんが、一攫千金を狙わずに節度をもっておこなえばとても楽しめる場所なんですよ。 Compathyログブック(旅行記)『Las Vegas。 カジノで有名なラスベガス。ラスベガスのホテルは全てカジノホテルになっています。ホテルの1階がカジノフロアになっているので、いつでも気軽にカジノに行くことができますよ! 街のレストランなどカジノ以外の施設にもスロットが設置されていることもあり、まさにカジノの聖地です。

ラスベガスのカジノホテル

ゲーミング(カジノ)収益 1。 米国市場全体で4兆円ものゲーミング収益がありますが、新市場(下記、New Markets:フロリダ、カンザス、メイン、メリーランド、オハイオ、オクラホマ、ペンシルベニア)を除いた既存市場(下記、Legacy Markets)だけを見ると収益の伸びは鈍化しています。 出所:UNLV Center for Gaming Researchの公表情報等よりデロイトトーマツ作成(画像クリックで拡大します) 3。 出所:UNLV Center for Gaming Researchの公表情報等よりデロイトトーマツ作成(画像クリックで拡大します) 4。 出所:UNLV Center for Gaming Researchの公表情報等よりデロイトトーマツ作成(画像クリックで拡大します) なお、ネバダ州のテーブルゲームについて、ゲーム種別構成に変化が見られています。ブラックジャックのシェアが減少し、代わりにその他(下記、Others)としてポーカー等のゲームが増加傾向にあります。 出所:UNLV Center for Gaming Researchの公表情報等よりデロイトトーマツ作成(画像クリックで拡大します) また、スロットゲームのトレンドとして、年から年にかけて、プレイヤーのテクニック次第で勝利機会が増えるスキルベースのスロットマシンの新規導入が見られます。

スキルゲームバハマカジノ - 66195

カジノゲームでのスキル度合い

結局、問題はゲームの大部分がスキルに基づくものなのか、それとも運によるものなのかということにあり、連邦政府の発想ではこのようなゲームが成り立つのはスキル、そして州は運だとしているのだ。 連邦政府の目には、トーナメントで行われているポーカーの中にはスキルが主要となっているタイプのものがあると映っている。それは参加者の数やテーブル・ステークス 賭け金 の大きさなど、さまざまな条件に左右される。一方、プレーヤーが「チップアップ 賭け金を徐々に増やすこと 」をしたり、好きな時にゲームをやめたりすることができるキャッシュ・ゲームは主に運がベースとなっていると考えられており、ゆえにカジノの外では非合法となるという理屈だ。 「わたしたちにとっては、どんな形であれ、ポーカーやトーナメントは運でしかない」 と言うのは「スイスカジノ連盟 Schweizer Casino Verband 」のマルク・フリードリヒ会長だ。そして、そのようなトーナメントではカジノから締め出されているギャンブル中毒の人々にもプレーの場を提供していると批判する。 しかし、同時にフリードリヒ会長は、連邦政府の決定によってプレーヤーがほかの場所に幸運を求めるようになり、「年以降、下り坂になっているのは明らか」とカジノ業界が打撃を被っていることも認める。 一方、トーナメント事業者でありポーカーのプロでもあるリノ・マティス氏は、現実はその逆で、モントルー Montreux やバーデン Baden のカジノでは、カジノ内でしかプレーできないキャッシュゲームでひと山当てようとする人が増えていると主張する。 友人同士で行うプライベートゲームは家主にコミッションが支払われなければ合法とみなされるが、当局はコミッション代わりのビールが手から手へと奇妙な具合に渡っていくことに対しては目をつぶっているようだ。 トーナメントに関する法律作成のニュースは、スイスのカジノ外で催されるこれまで最大の規模を誇るポーカー・トーナメントを目前に公表された。この「スイス・ポーカー・マスターズ」は8月9日から16日までチューリヒで開催される予定だ。トーナメントを運営するマティス氏はおよそ人のエントリーを見込んでいる。これは昨年ベルンで開かれたトーナメントの10倍に当たる数字だ。 このトーナメントでは「スイス・チャンピオン」というタイトルのみならず、現金2万フラン 約万円 の賞金とバハマで開かれる「ヨーロッパ・ポーカー・ツアー」のオール・インクルード・パッケージも手に入れられる。このパッケージの価値は1万フラン 約万円 だ。 だが、この大会はラスベガスで開催される世界選手権のスケールとは比べ物にならない。7月初旬に1万ドル 約95万円 を支払って世界選手権のメインイベントにエントリーした人は人弱。決勝進出を果たした9人が賞金の万ドル 約25億円 を山分けできるのは、11月7日から11日まで開催される決勝戦のあとだ。優勝した人は何と万ドル 約8億円 を手に入れることになる。 だが、トーナメントの開催密度でいうと、スイスはアメリカの次に高い。例えば「バイイン・ドット・シーエイチ Buy-in。 ch 」などのウェブサイトは一晩におよそ50ものトーナメント広告を出しており、それぞれ20人から人のプレーヤーの参加を募っている。 前出のマティス氏は 「スイスは現在、ポーカーに関していうと世界でも有数のリベラルな国だ」 と言う。 「スイスにはポーカーで生計を立てている人がおよそ50人いる。だが、ほとんどの人は他言しない。ただし、それは恥ずかしいからではなく、収税吏の耳に入ると困るからだ…」 トマス・シュテファンス、swissinfo。 ch 英語からの翻訳、小山千早。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。