公開

JP2010539561A - ゲーム活動の提供システムおよび提供方法 - GOOGLE PATENTS

債務調査抽選券で賞金獲得 - 12476

海外の宝くじやロトなどで高額賞金が当たったかのようなダイレクトメー  ル(以下、DM)を海外から送付し、消費者に申込金などを支払わせる手口  が再び急増しています。この手口は「賞金が当たった」「賞金当選のための  資格を獲得」などという出どころのわからない賞金を受け取るために申込金  などの名目でお金を支払わせるものが多いようです。DMを送ってくる団体  の住所や連絡先ははっきりせず、抽選などがいつどこで行われるのかの記述  もなく、極めて詐欺的な手口です。   このトラブルについて国民生活センターでは、2012年3月15日に注  意を呼びかけており、その後相談件数はいったん落ち着いたものの、201  2年9月に再び急増しています。平均年齢についても本年度はさらに高齢化  が進み、過去最高の69歳となっています。

Facebookでログイン

マニュライフ生命は、主に法人顧客を対象とした商品として、年1月4日から無配当歳満了定期保険「Prosperity 98歳満了定期保険」をプランライト・アドバイザー(PA、自社営業職員)、MGA(大型・独立代理店型の販売組織)の両販売チャネルを通じて販売する。同社は、06年8月に「Prosperity 逓増定期保険」、08年11月に「Prosperity 新逓増定期保険」の販売を開始し、経営者の事業保障ニーズに応えてきたが、今回、事業保障から事業資金対策まで幅広いニーズに対応できる商品として開発した。主な特長としては、 1 長期にわたる大型保障の確保、 2 資産としての解約返戻金の活用、 3 非喫煙者には標準保険料率より割安なノンスモーカー料率が適用される、 4 保障を継続できる払済終身保険への変更制度などとなっている。 ライフネット生命は12月24日、21日に保有契約件数が5万件を突破したと発表した。19日にテレビ朝日系列「値段のカラクリ大調査 安さのヒミツ! アイエヌジー生命は、子どもの教育向上をテーマに世界中で展開するINGグループの社会貢献プログラム「ING Chances for Children」(CfC)に沿って、日本の大手NGOである社団法人シャンティ国際ボランティア会(SVA)と協働し、アジア諸国の子ども向けに教育支援活動を実践しているが、年から4年連続でSVA主催の「絵本を届ける運動」に参画していることから、11年においてはSVAが実施するミャンマー(ビルマ)難民キャンプにおける図書館活動を支援する。

過去の生命保険ニュース 2010年12月

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。 jp 企業プレスリリース詳細へ PRTIMESトップへ。 未来の科学者との対話18 第18回神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。