公開

アングル:マカオのカジノがコロナ持久戦へ、収入ゼロでも安泰か

ドルにヨーロッパ最大のカジノ - 28284

ラスベガスのカジノにおけるルーレット台において、 「トリプルゼロ」 (写真)が広がりを見せている。  これは、カジノ側の利益を拡大するためのルールの改変であり、プレーヤーである客にとっては大いなる改悪。  つまり極めてゆゆしき問題であり、客側の対応策や注意としては、 このようなルーレット台には絶対に近寄らない ことだ。  まずは、ルーレットにくわしくない読者のために、ルーレットの基本について簡単にふれておきたい。

いざ、カジノの中へ!マナーを押さえたスマートな遊び方

旗艦施設のシティー オブ ドリームス マカオでは、営業総収益が4億6,万米ドルへと34。 マステーブル・ドロップ 掛け金 は56。

【オンラインカジノ】1万円でいくら増やせるか新作スロットに挑戦【Casino-X】

ラスベガス大全とは?

ラスベガスといえばカジノ、カジノといえばラスベガス。そんなラスベガスにやって来て本場のカジノをエンジョイしない手はない。  あまりのめり込みすぎるのも問題だが、せっかくはるばる日本からやって来たからにはぜひ楽しんで帰りたいものである。 ところが残念なことに、カジノにまったく興味を示さない日本人観光客も少なくない。  やりたくてもルールがわからない、英語に自信がないというのであればそれはそれで理解できるが、 「ギャンブルは罪悪だ」 、 「絶対に勝てないように仕掛けられている」 、 「どんなに小額でもカジノでおカネを失うのはバカバカしい」 など、勝手な誤解や偏見を持ち、せっかくの体験チャンスをみずから放棄してしまっている者が少なからずいる。(下の写真はラスベガスのカジノ街)。 もちろん「やる・やらない」は個人の自由だが、ラスベガスまで来て遊び心を持つ余裕がないのもあまりにも寂しすぎはしないか。  またそのような誤解や偏見をまわりのビギナーたちに説教している輩も見かけるが、もはやそれはまわりの者にとって迷惑千万な話だ。 とにかく本場ラスベガスまで来てギャンブルをやらないということは、 ハワイへ行ってビーチに一度も出ないようなもの と考えたい。勝ち負けはともかく、なんでもいいからトライしてみようではないか。

カジノ初心者もこれで安心!ラスベガスの必読ルールまとめ

ヨーロッパでは格式の高いカジノがあり、ネクタイ着用など服装が定められている「ドレスコード」を規定しているカジノが多く存在します。また、会員制と採用し格式を重んじたスタイルで運営し、特に高所得者層からの利用で、その地位を守っています。 アメリカなどに代表される、ショーエンターテイメントやコンベンションなどを複合した「テーマカジノ」ではなく、カジノギャンブリングだけの運営スタイルがヨーロッパ型の主な特徴といえます。 イギリスには軒のカジノがあり、他の諸国のカジノの多くは大都市から30km以上離れた場所にあるのに対して、イギリスのカジノは街の中心地にあります。 全てクラブ組織となっており、18歳以上限定の会員制で、入会申請後24時間待たなければならないクラブや、現地申込後48時間を経過しないと入場できないクラブなど、その規定は厳格であります。 またロンドンのクラブは年会費を2ポンドから25ポンド必要となりますが、地方都市のクラブは無料のところも多く存在しています。 クラブでのカジノは、アルコールの提供やショウなども禁止され、純粋にギャンブルだけを楽しむ場所として運営されている他に、ディーラーへのチップも禁止されていることもイギリスのクラブカジノの特徴といえます。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。