公開

日本カジノの入場料6000円は高い?月10・週3の回数制限は?

オンラインギャンブルカジノ法案入場料 - 29291

カジノ法案(統合型リゾート IR 整備推進法案)とは、正式名称を「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」といい、簡単に言うと 「これから統合型リゾート(IR)を作っていきましょう」という法律 です。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

カジノ推進法案の次のステップとなるカジノ実施法案。 昨年中に提出を予定していたものの、昨年10月に行われた衆議院解散によって審議が先送りとなっていました。 政府は改めて審議を始めており、今国会中の提出を目指しています。 このカジノ実施法案で注目されているのはギャンブル依存症対策です。 カジノを含む統合型リゾート IR を誘致することでギャンブル依存症患者が増えるのではないかということが懸念されているため、政府もその対策に力を入れています。 政府は入場料金を全国一律で決定する方針を固めています。 これに関しては、IRを誘致する地域や事業者に任せるべきであるという意見もありましたが、政府は地域の自治体や事業者が収益のために高額な入場料を設定することを懸念したようです。 カジノ推進法案の次のステップとなるカジノ実施法案。 昨年中に提出を予定していたものの、昨年10月に行われた衆議院解散によって審議が先送りとなっていました。 政府は改めて審議を始めており、今国会中の提出を目指しています。 このカジノ実施法案で注目されているのはギャンブル依存症対策です。 カジノを含む統合型リゾート IR を誘致することでギャンブル依存症患者が増えるのではないかということが懸念されているため、政府もその対策に力を入れています。 これまでに日本人および日本在住の外国人のカジノ入場を週3回までにする入場制限や、カジノ区域の面積の上限設定などが提示されていましたが、今回政府は新たにカジノ入場料を徴収する方針を固めました。こちらも日本人および日本在住の外国人を対象にしており、数千円程度を想定しているそうです。 カジノ入場料の徴収はまず安易なカジノ入場の抑制を狙いにしていますが、先に決定していた入場制限のための本人確認の実施をやりやすくするという目的もあるようです。 政府は入場料金を全国一律で決定する方針を固めています。 これに関しては、IRを誘致する地域や事業者に任せるべきであるという意見もありましたが、政府は地域の自治体や事業者が収益のために高額な入場料を設定することを懸念したようです。 具体的な金額に関しては、海外で運営されているカジノや国内にあるエンターテインメント施設を参考に定める予定となっています。 しかしながら、入場料を徴収することによる集客減を懸念する声が挙がる自民党と依存症対策を重視して高額な入場料を求める公明党の間で意見は割れており、金額の調整に関しては難航することが予想されます。 カジノ法案とは? CHECK まずはここから。カジノ法案の基礎知識から現在の状況までまとめてチェック! カジノ法案のメリット IR・カジノができることによる経済効果などのメリットを詳しく解説します。 カジノの候補地まとめ 有力候補地TOP3をはじめ、各候補地の状況・強み・課題などを解説しています。 カジノ法案の問題点 犯罪増加や依存症など、カジノ法案のデメリットによる影響を徹底解説!

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。