公開

オンラインカジノの入出金を完全解説!おすすめの方法は!?

オンラインカジノの基礎入金ビットコイン - 18383

日本国内のニュースでも日常的に「仮想通貨」という言葉がよく聞かれるようになりました。 しかしビットコインや仮想通貨というと投資のイメージが強く、実用的ではないと思っている人も多いのではないでしょうか。 実際、投資としての認知が大きい仮想通貨(ビットコイン)ですが、今では日本の実店舗でも決済に使うことができ、対応店舗もどんどん増えてきているのです。 そしてそれはオンラインカジノ業界にも広がり、ビットコインをはじめとした仮想通貨が利用できるオンラインカジノは次々に増えてきています。

ビットコイン: Bitcoinでオンラインカジノの入金・出金ができる

こんにちは! Casimo 編集部の笠原豪です。 今回は オンラインカジノで仮想通貨を利用するメリットやおすすめのオンラインカジノ を紹介していきます。 円やドルと違い、インターネット上だけで取引が行われる仮想通貨ですが、実は 一部のオンラインカジノで入出金に利用することができます。 冒頭でも触れましたが、ビットコインを始めとする仮想通貨とは簡単に言うと 「インターネット上の通貨」 です。 「暗号通貨」「デジタル通貨」とも呼ばれ、普段私たちが使っているお札や硬貨と異なり 現物(お札や硬貨)は存在しません。 そのため、スーパーやコンビニで 円の買い物をしてレジで 円分のビットコインを渡し、 円のおつりをもらう…ということは不可能です。 また、円やドルなど国が価値を保証している通貨を「法定通貨」と呼びますが、仮想通貨はユーザー間でのみ価値が認められている通貨なので 株と同様に価値の変動が起きやすい という特徴があります。 さらに、国が発行する法定通貨とは異なり、 世界中どこでも使うことができるのも魅力的な点 です。

バナー・ベラジョンカジノ

オンラインカジノをスムーズに楽しむために重要となるのが決済方法の選択。そんな中、今注目されているのが 『 ビットコイン(BitCoin) 』による決済ができるカジノ です。 最近はビットコインで入金や出金ができるオンラインカジノが増えてきており、 今後は エコペイズ や エントロペイ などの決済サービスと並んで、オンラインカジノの代表的な決済方法のひとつとなりそう です。 ビットコインでの入出金に対応している日本語オンラインカジノは以下の通り。中でもビットカジノとmBitCasinoは ビットコイン専用オンラインカジノ です。ビットカジノでは年からビットコイン以外の仮想通貨 イーサリアム、ライトコイン、リップル等 の仮想通貨での入金も可能となっています。 加えて仮想通貨の性質から、 出金に際しての本人確認が不要というカジノ もあり、注目が高まっています。 その特徴としてひとつ目は 「 特定の中央管理者が居ない 」 ということです。ビットコインは銀行や政府が発行している訳ではなく、公開されたプログラムによって発行・管理されています。ビットコインの送金には中間業者が入らないため素早く、世界中に分散している複数のマイナーにより送金処理の承認が行われるため、透明性の高い取引が可能です。

バナー・オンラインカジノで遊んでも大丈夫?

仮想通貨で入出金する方法は、これまで電子決済を中心に利用してきたユーザーからすると少し手順が異なります。 といっても難しいことはなく、仮想通貨での決済は非常に簡単。 ここではオンラインカジノで仮想通貨を使って入金・出金を行う手順について解説していきます。 仮想通貨で決済ができるオンラインカジノの中にも、対応している仮想通貨と対応していない仮想通貨が存在しています。 当サイトで紹介しているなかで仮想通貨決済を導入しているオンラインカジノと、決済に対応している仮想通貨を表にまとめてみました。 仮想通貨をすでにお持ちの人にとっては便利な仮想通貨決済ですが、オンラインカジノで利用するにあたってメリットとデメリットが存在しています。 仮想通貨決済の特徴について簡単に紹介します。オンラインカジノに入金する前に一度確認してみてください。 しかし、仮想通貨は価格の変動が大きく1日で急激に価格が変化していることがありますので注意が必要です。 また、スピーディーな手続きが特徴的な仮想通貨ですが利用者が多かったりすると送金詰まりを起こして手続きに時間がかかる可能性があることは覚えておきましょう。 ウォレットとは、仮想通貨を安全に保管しておくための「財布」のようなもので、仮想通貨を手に入れたらウォレットに保管するのが通常の流れです。 取引所で購入したまま放置しておくのはハッキングなどのリスクが高く危険ですので、まずはウォレットを準備しておきましょう。 仮想通貨の入出金用のアドレスはビットコインやイーサリアムといった仮想通貨の種類ごとに専用のアドレスがあり、それぞれがとても長い文字列になっています。 まず注意しておきたいのは、これらの仮想通貨の専用アドレスは非常に長く複雑なため、間違えやすいということです。 一度送付先を間違えてしまうと、取り戻すことができない可能性が高いため、間違えないように十分に注意しましょう。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。