公開

セガサミー会長:宮崎シーガイアにカジノ施設も

ゲーム大会カジノ大手ゲンティン - 22458

ブルームバーグは、シンガポールのマリナベイ・サンズが上得意客の口座の扱いに関して、米司法省により反マネーロンダリング法違反の調査を受けていると報じた。 今年1月に、米国司法省はマリナベイ・サンズの元コンプライアンス責任者宛てに大陪審の召喚状を発行、聴取や情報の提出を求めたという。 ラスベガスの連邦検事局の広報担当者は、現在進行中の調査についてのコメントを拒否している。召喚状は・・・。

リゾーツワールド・ラスベガスの開業が1年延期

Video Bingosはフィリピンの市場で非常に愛されており、ビジネスに大きな成長をもたらすと期待されています。パタゴニアは、2つの重要なオペレーターとのパートナーシップにより、この地域への参入を記録しました。カジノゲームのライブラリ全体は、年の開始に間に合うように認定されています。 Patagoniaの社内クリエイティブスタジオは、市場で最高のVideo Bingoの作品を制作しています。これらは速い学習曲線を持ち、軽い娯楽ともっと冒険的なハイローラーを探しているプレイヤーと同等にうまく機能します。これらのゲームは、ビンゴが歴史的および文化的に強い存在感を示しているLatAmおよびアジア市場で特に人気があります。各ゲームはHTML5で開発されており、プレーヤーはあらゆるモバイル機器からコンテンツにアクセスできます。 パタゴニアエンターテイメントのグローバル事業開発マネージャー、ビクターアリアスは次のように述べています。「フィリピンはパタゴニアにとって大きな成長分野であるため、パタゴニアにとってエキサイティングな機会です。 Video Bingosはこの地域で非常に人気があり、この地域に進出するiGaming企業にとってゲームは大きな財産となるでしょう。」。

ゲーム大会カジノ大手ゲンティン - 6514

@niftyニュースをフォローしよう

未成年賭博は当然のことながら禁止されており、未成年者は欠格者として、カジノ場に立ち入りすることはできない。また、賭博行為を担うことが利害相反をもたらす利害関係者 関係する公務員、カジノ場の従業員 などは賭博行為をすること自体が禁止される。 賭博依存症患者に対する施策は、カジノ施設が実現する前の段階から、地域開発青年スポーツ省 (MCYS)傘下に 「賭博依存症国家評議会」(NCPG)と称する国の機関を設け、調査研究から、カウンセリング、治療に至るまで官民協働により、様々な施策が講じられている(同評議会の活動原資は、カジノができる前は一般会計から、カジノができて以降は入場料収入の一部が充当されている)。 シンガポールのゲーミング税の考え方は豪州の考え方に類似的な側面がある。ゲームの提供をサービスと見なし、その売り上げ(ゲーミングに係る総粗収益)に対し、通常の物品サービス税 GST 5% を賦課すると共に、更にこの総粗収益に対し、カジノ税を賦課するという形式を取る。尚、これとは別に、当然のことながら、費用控除後の企業の収益に対しては企業所得税がかかる。カジノに関する税率は固定となるが、売り上げ(粗収益)をVIPと通常顧客に二分し、各々の総売り上げに対し、異なった二つの税率を提供するという面白い考え方が採用された。

IR*ゲーミング学会

未分類 0。 カジノニュース 8。 マカオのカジノニュース 12。 韓国のカジノニュース 1。 ラスベガスのカジノニュース 5。 アメリカのカジノニュース 2。

Ⅶ アジア・オセアニアにおけるゲーミング・カジノ法制度

CRF2 CR in VIVA. ver CR. NET 1Jr SNK ??. 2 W.

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。