オファー

残高の「現金化」が得意なスマホ決済アプリはどれ? 手数料や使い方を比較

決済サービス現金化 - 64940

携帯決済のサービス自体は、docomo・au・SoftBankの携帯電話もしくはスマートフォンを契約していれば 誰でも利用することが出来ます。

携帯電話料金の現金化とは

この記事では「アプリ内の残高を現金に引き出せる機能」(以下、出金機能)を持つ6つのアプリを紹介します。また、この機能のほか「アプリユーザー間で無料で送金ができる機能」(以下、送金機能)と「QRコードで決済ができる機能」(以下、QR決済機能)の2つもアプリ選びの基準にしました(6つのアプリともこの3つの機能あり)。QR決済機能については、使える加盟店の数や決済金額に応じたポイント還元の有無でアプリ間に差があるため、理解を助ける目的で、加盟店が多く、ポイント還元がある4つのアプリを「買い物系」、残りの2つを「送金系」とジャンル分けして紹介します。 (本記事内の価格表記は基本的に税込です)。 コミュニケーションアプリ「LINE」内の決済機能が「LINE Pay」です。LINE Payは「銀行口座への振り込み」と「セブン銀行ATMでの出金」の2つの出金機能に対応しています。出金機能を使うには、LINE Pay上で本人確認を済ませる必要があります(銀行口座を登録すると本人確認されたとみなされます)。

当店が選ばれる理由(皆様に、ご支持いただき業界No1!)

近年、多くのお店やサービスでキャッシュレス化が進んでいますが、中でもスマホがあれば現金もクレジットカードも必要ないスマホ・コード決済は利用者が増えています。 スマホ・コード決済ならば、支払いが簡単で会計をすばやく済ませる事ができ、ポイント付加サービスも受けられお得です。 さらにチャージされている金額を現金化することもできるのです。ここでは、現金化する方法について紹介します。 方法は2種類あり、「 銀行口座への出金 」と「 ATMでの現金化 」です。 チャージしていた分は随時引き出し可能なため、急にどうしても現金が必要になってしまったときには非常に便利です。

携帯電話料金の現金化とは?

携帯料金の現金化(キャリア決済の現金化)とは、 携帯電話のサービスにあるキャリア決済(携帯電話決済)を使って商品を購入し、その商品を買い取ってもらうことで、現金化するサービス です。 携帯電話には、すべて携帯電話で買い物できる機能が備わっています。 キャリア決済(携帯電話決済)の利用可能枠はキャリア、契約年数、携帯電話の利用状況によって違いがありますが、 平均5万円から最大10万円まで あります。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。