オファー

実践向き『ココモ法』の破壊力がスゴイ!あの必勝法の“進化版”といわれるココモ法の使い方と実績をご紹介

確率事象マーチンゲール実践 - 59851

オンラインカジノでのプレイを一段と面白くするのが攻略法・必勝法と呼ばれるものです。 数ある攻略法の中でも「理論上負けることがない」と言われているのがマーチンゲール法です。 ここでは、攻略法の代表格とも言えるマーチンゲール法の特徴やメリット・デメリットなどを解説します。

マーチンゲール法徹底解説 一覧

これは僕が作った シミュレーター を回したときのサンプルグラフです。 マーチンゲール法を使うとこのような資金増減になります。負けたら減るけど、勝てばそれより増える、どこかでは勝つので右肩上がりに資金がふえていくのを表しています。 デメリットは 長期にわたるプレイを繰り返すと、いずれ破綻する 、という危険性です。 資金が潤沢にあればある程度の利益の積み上げはできますが、大きな賭け金をカジノ側が受け付けない場合もあります。ですので ベット額の上限 は事前に確認しておくことです。 マーチンゲールはいずれ負ける戦略なので、 損切りのタイミング を確認しておきましょう。損切りのタイミングはプレイヤーの目標金額、投資に対する回収率によって異なると思いますので、ご自身の損切りタイミングを確定しておくとよいです。 個人的には次のような感じをおすすめします。 今回は私がよくオンラインで遊んでいる 「ベラジョンカジノ」にて実際にマーチンゲール法をやってみました 。 コツコツと利益を重ねていける ことを理解いただけると思います。 俺のベラジョンカジノ というブログの中で、動画とともに連続的な賭けの流れを収録してお伝えしていますので、見てもらえたら幸いです!

【攻略法】利益を確実に確保!ハーフストップ法の使い方

攻略法でも載せている通り、マーチンゲールは 世界で一番有名 な投資法です。 実質上、 絶対に負けない投資法 と言われていますが、実際は破産者を多く出した投資法の一つです。 マーチンゲール法を使用してて想定外の連敗が起こった場合に破産してしまうことは理解いただけたと思います。 では、連敗というものがどれくらい続くか、 世界記録 を見てみましょう。 ルーレットで黒が連続できた最高記録、それは 「27」回 です。 つまり、自分が赤にずっと賭けていたとすると、 27連敗することになる 、ということです。 日本人で例えると 全国でランダムにたった1人当選者がいたとして、それに当たるレベル ですね・・・ とんでもなく低い確率ということがわかります。 それよりも、 失うお金が億円 というのが狂気の沙汰です。 実際に起こった記録なので、いくら低い確率といっても起こりえるというのは、 やはり頭の片隅に置いておいた方が良いですね。 マーチンゲール法は 「勝つまで追いかけちゃダメ」 ということがわかりました。 いえいえ、 そんなことはありません。 マーチンゲール法を使用して賭金が一気に膨らむのは間違いないですが、 「一気に膨らむ」というのは何連敗から起こる事象なのでしょうか?

ONLINE CASINO RANKING

当サイト厳選の人気オンラインカジノ 多数の限定特典をご用意。 さらに ベットリミットの問題 もあり、上記の表では9連敗でドル、10連敗だとドルの掛け金になっているが、実際の オンラインカジノ のゲームだとベットリミットがドル程度のゲームが一般的なので、そうなると許される連敗が思ったよりも低くなります。また資金的にも10回目の勝負に挑むために必要な資金は累計でドルも必要になり、そこまでの資金を持っているプレイヤーにしか使えない贅沢な方法です。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。