オファー

サッカーの堂安 律選手をTEAM VISAアスリートに迎え、東京2020大会観戦チケットキャンペーンCMに起用ワールドワイドスポンサーとして東京2020大会を盛り上げます!

ゲーム種選定入金方法VISA - 53564

緊急自体宣言解除に伴い、電話対応を再開しております(平日午前10時〜午後4時)。 詳細は こちら からご確認ください。

バナー・オンラインカジノで遊んでも大丈夫?

オンライン決済サービス「 PayPal (ペイパル)」を展開するPayPalは6月25日、同サービスの支払いを銀行口座を利用してリアルタイムで行える新機能を7~8月に順次導入すると発表した。これまでPayPalで支払いを行うにはクレジットカードやデビットカードの登録が必要だったが、口座振替を追加したことで「クレジットカードを持っていない人、カードを使いたくない人でも安心してペイパル決済が利用できる」(同社の瓶子(へいし)昌泰ディレクター)という。 ユーザーの利便性を高めることはもちろん、新しい支払い方法を追加することでPayPalを導入している企業にもメリットがあるという。例えば電子チケット販売サービス「Peatix」を運営するPeatix Japanの共同創始者で代表取締役の岩井直文氏は「Peatixには大きく分けて、クレジットカードと、ATMやコンビニでの支払いといった現金系の決済手段があり、3分の1強は現金系。しかし、現金を使った決済は手間がかかるのでチケットを購入しても支払いをせず、行くのをやめるといった未入金の確率が上がる」と話す。クレジットカード以外の支払い手段の導入には、こうした未入金を防ぐ狙いもあるという。また岩井氏は「コンビニ支払いでは電子チケットを発行するまでにタイムラグが発生してしまうが、(PayPalの銀行口座振替を使った)リアルタイムな支払いですぐにチケットを届けられる。ユーザーにとっても大きなメリットだ」とした。 すでにウェイブダッシュのチケット売買サービス「チケット流通センター」やピクシブのネットショップ開設サービス「BOOTH」や、グッズ作成サービス「pixiv FACTORY」などが導入予定と発表している。 メディア一覧 公式SNS 広告案内 お問い合わせ プライバシーポリシー RSS 運営会社 採用情報。

【PSN課金OK】バニラVisaギフトカードならPSN年齢承認コンテンツも決済出来ます/コンビニ

■各種サービスの資料請求ご希望の方はこちら

Casimo編集部の笠原豪です。 今回紹介する ベットティルトはカジノとスポーツベットで遊べるオンラインカジノ です。 ベットティルトは年に創業以来、欧州を中心に着実に実績をあげてきており、日本市場には年に参入しました。最大の特徴は20社以上のプロバイダーを採用し、 2,種類のゲームを取り揃えるゲームラインナップの豊富さ です。 この記事では、 「ベットティルトをオススメする理由」 から 「登録・入出金方法」 「ライセンス情報」 など、幅広く解説していきます! ベットティルトで採用されているプロバイダーは 20社以上 、遊べるゲーム総数は 2,種類 を超えます。実は日本語対応オンラインカジノの中でここまでゲーム総数が多いオンラインカジノはほとんどなく、 世界的に見ても優れたゲームラインナップ です。 さらに実際のスポーツイベントに賭けるスポーツベットや仮想世界で進行するバーチャルスポーツなども揃えているのでゲーム面において死角はありません。 いろんなユーザーのニーズに応えられる懐の広さがベットティルト最大の魅力です。 また日本で使える主な電子ウォレット3種だけでなく、4種の仮想通貨までカバーしているので、 入出金方法の便利さでいえば日本語対応オンラインカジノの中でも3本の指に入る といっていいでしょう。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。