オファー

【シンガポールIRのいま】(上)カジノへの懸念どう払拭 厳格な規制、依存症低下(1/3ページ) - 産経ニュース

を含む統合型リゾートシンガポールカジノ - 22286

カジノを含む統合型リゾート(IR)が、ポスト・オリンピックの観光振興施策の目玉として日本をにぎわせている。IRの出現は、長く緩やかに成長してきた日本の観光産業が経験したことのない非連続的な変化を巻き起こす。これを活かして飛躍できるのか、それとも傍観して乗り遅れるのか。IRにより想定される観光産業の量的・質的な変化を探る。まずは、日本の誘致最前線や海外の成功事例を専門家のアドバイスのもとにまとめた。 IRの出現は百年に一度の非連続的変化 半世紀以上にわたる日本の観光産業を振り返ると、年に日本人の海外渡航が自由化されて以降、徐々に日本人のアウトバウンドが拡大し、年には日本人海外旅行者数万人を突破。そして、年からは「ビジット・ジャパン・キャンペーン」が開始され、インバウンドの拡大が図られている。

IRの出現は百年に一度の非連続的変化

統合型リゾート (とうごうがたリゾート、 英 : Integrated Resort 、略称: IR )とは、 国際会議場・展示施設 などの MICE 施設、 ホテル 、 商業施設 ( ショッピングモール )、 レストラン 、 劇場 、 映画館 、 アミューズメントパーク 、 スポーツ 施設、 温浴施設 などと一体になった複合観光集客施設のこと [1] 。日本においては、 地方自治体 の申請に基づき カジノ の併設 を認める区域を指定して設置される予定である。 マカオ や シンガポール など、近年に統合型リゾートを設置した外国都市が国際的な観光拠点として多数の観光客を進める中で、 訪日外国人観光客 (インバウンド)を集めるプロジェクトの一つとして、日本国内への統合型リゾート設置が注目されている。しかし現行の 日本 の法制度では カジノ が違法とされているため、統合型リゾートの推進にあたっては、カジノの法制度化が大前提とされていた。 日本經濟新聞 が年8月に伝えた所によると、IR運営大手の シーザーズ・エンターテインメント (合衆国)は、「日本でのIR運営のライセンス取得に向けた活動を中止し、日本市場から撤退する」と発表した。同社は東京や横浜、大阪、北海道・苫小牧でのIRの開発を目指し、年に整備構想案を公表していた。最大市場の米国など既存事業に経営資源を集中させる [20] 。翌年(年)4月、 横浜市 長・ 林文子 はカジノを含む統合型リゾート施設について、事業者に求める条件などをまとめた実施方針の公表時期を当初の年6月から同年8月に2ケ月延期すると明らかにした。林は「新型コロナウイルスの感染が拡大している状況を総合的に勘案し、最重要のことに専心すべきだ」と述べ、感染症対策を最優先する考えを示した [21] ほか、同年6月4日には 大阪市長 の 松井一郎 が記者会見で、年度末としていた開業時期が1、2年延期されるとの見通しを示した。新型コロナウイルスの影響で参入を目指す事業者との協議が進んでいないことを理由に挙げ、「投資余力が落ちているということも勘案しながら開業時期を見定めていきたい」と述べた [22] 。 ハナ金融投資研究員は日本でカジノ解禁された場合には真っ先に韓国に来る 中国人 観光客が減少し、韓国の 外国人 カジノが打撃を受ける可能性が高いとし、法案が可決されれば 韓国 内の外国人向けカジノの売り上げが減少するかもしれないと懸念を示した。投資家も同様に反応して韓国のカジノ関連の株価が下落した [23] 。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』。 この項目では、複合観光集客施設について説明しています。その他の用法については「 IR 」をご覧ください。

メインカテゴリナビゲーション

MBSが4月に10年を迎える中、LVSの国際開発ディレクターとして日本IR参入の取り組みの陣頭指揮も取るタナシェビッチ氏が、IAGの総編集長であるムハンマド・コーエンとのインタビューの中で過去と未来について語る。 インタビューは新型コロナウィルスの流行が地域観光に影響を与える前に行われた。 ムハンマド・コーエン: なぜマリーナベイ・サンズはこれほどの成功を収めることができたのでしょう? ジョージ・タナシェビッチ: シンガポールにとって適切な時期、適切なものだったということです。我々は明確な指示を与えられ、達成するべき目的と目標、同時にやるべきことがはっきりと示されました。彼らがこの特定の場所で達成したいと願っていたことは、我 々が開拓してきたMICEとエンターテイメントに焦点を当てるビジネスモデルとほぼ一致しています。 建築家 モシェ・サフディ氏がこの場所にぴったりの素晴らしいデザインを提案してくれました。別の場所の政府を含む、観光客、メディア、その他世界中の人々の注意を引き、想像をかき立てるデザインです。我々は、この施設に含まれるカテゴリーの全てを通じて、市場にある最高水準でマリーナベイ・サンズをプログラムするよう全力を尽くしています。 統合型リゾートでは、膨大な量の計画、戦略作りを行い、可能な限りの最高をプログラムし、そうしてやっとオープンできます。そしてお客様からの声を聞き始め、基本的にまた振り出しに戻ります。というのも、お客様や観光客の好みは常に変化するからです。お客様の一歩先を行き続け、課題を予測し、ミスを修正する、そしてシンガポール用に設計・プログラムされた統合型リゾートを組み立てるということにおいて我々はいい仕事をしてきたと思います。政府やシンガポールの人々が観光および労働市場における経済目標を達成する手助けができるよう位置づけてきました。 ですので、我々はこのプロジェクトを開発する機会を持てたことを非常に幸運に感じており、政府、特にシンガポール観光庁やカジノ規制庁と高いレベルで協力及び協調できたことを感謝しています。 MC: シンガポールという場所が果たす役割は? GT: まず第一に、中心街という立地で、度どこからでも見え、しばしば世界最大の国際空港と呼ばれる空港から20分の場所にありますので、その機会というのは実際かなり魅力的でした。CBDエリアの端に位置しており、MICEビジネスが当社のビジネスモデルの基本要素であることを考えると非常に便利です。 当社の世界における存在感と、業界内の立ち位置および評判によって、我々は非常に強力なつながりを持っているために、一流の小売店、一流のエンターテイメントイベント、文化的要素、その他様々な一流を持ちこむことができます。 MC: アジアの他の事業者たちが、非ゲーミング部門で苦戦する中、MBSはどのようにその分野で非常に多くの利益を生み出しているのですか? GT: 施設全体を見てもらえば、我々が可能な限り最も魅力ある非ゲーミング要素を盛り込んで設計していることが分かると思います。ショッピングモールを歩けば、我々が持つ素晴らしいブランドのラインナップを見ることができます。店舗は非常に面白い空間に設置されており、我々は絶えず、ラインナップを改善する方法を模索しています。この絶え間ない改善への努力が我々をここまで連れてきてくれました。常に、シアターで上演できる新しいエンターテイメントオプションを探しています。もしかすると我々が期待していたほどのレベルでは成功していないスペースを埋めるための新しいチャンスを探し、他の用途へと変えたりします。 マリーナベイ・サンズは当初、2つのブロードウェイスタイルのシアターと共にオープンしました。時間の経過とともに、恐らく1つのスペースだけで、シアターの上演内容を完全に組み込むことができるかもしれないということに気が付きました。ですので、政府に出向いて行って、もう一つのシアターを別の形式のエンターテイメントの用途に変更する許可申請を行いました。それがナイトクラブ、高級バーそしてレストランだったのです。これはスペースをより有効に使うためであり、より大きな観光のアピールになると政府を説得することができました。それは大きな一歩で、高い費用が伴う試みでした。しかし、我々は施設をより強化し、我々がオープンする前にはここシンガポールに、そしてアジアにさえ存在していなか ったもの、 ナイトクラブの)MARQUEE、 ラウンジの AVENUE、そして(モダン日本料理店の KOMAを加えました。 MC: しかしながら、ゲーミング粗収益を増やすことは難しいことが分かりました。 GT: 事業開始からずっと、かなり安定しています。シンガポールには常にこの種の安定があったことを嬉しく思います。 時間の経過とともに、顧客像や顧客ミックスは変化してきましたが、カジノ運営を行う当社の社員たちは、ビジネスのその部分に貢献してくれる強力かつ信頼できる顧客を継続して呼び込むこむことに非常に長けています。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。