オファー

YAHOO!ニュース

大勝利アマチュアからプロへ - 38165

企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。 詳しくはこちら。

叡王戦で初のアマチュア勝利(2018年7月21日)

今泉 健司 (いまいずみ けんじ、 年 7月3日 - )は、 将棋棋士 。棋士番号は。 愛知県 豊橋市 生まれ、 広島県 福山市 出身。 桐谷広人 七段門下(年に奨励会を年齢制限で退会する前は、 小林健二 九段門下)。 出身の広島県の隣県である 岡山県 出身の 菅井竜也 とは親しく、子どもの頃に将棋を教えたほか、後援会会員であった [4] 。三段リーグ編入試験では、初段の菅井と対局し敗れている。詰将棋の作者としても、 詰将棋パラダイス 半期賞受賞の実績を有する。 小学2年で父から教えられ将棋を覚える。関西研修会に入会後、関西 奨励会 を受験も1回目は不合格。翌年関西研修会でクラスを上げ 年 9月に中学2年で関西 奨励会 編入。関西同期では四段入りしたものは居らず、関東同期では 川上猛 ・ 三浦弘行 ・ 田村康介 ら。 年 の第15回から三段リーグに在籍していたが、 年 の第25回で年齢制限により退会。この奨励会時代の師匠は 小林健二 [5] 。 奨励会入会後は、上阪し師匠小林宅の近くで一人暮らしを始める。一人暮らしで将棋以外の遊びも覚え、年には師匠から「広島に帰ってやり直せ」と叱責され実家に戻った。将棋に対する熱意は捨てがたく、地元でのアマ強豪の励ましもあり飲食店でアルバイトをしながら塾生を続けた [6] 。退会まで三段リーグの成績は、11期戦勝97敗と勝ち越していた。

「アゲアゲさん」折田アマ、プロ棋士合格あと1勝

さて、この日の予選はいよいよアマチュアにとって厳しい戦いが予想されていました。女流棋士の数もさらに増えるからです。主なビッグネームは 渡部愛女流王位、清水市代女流六段、中井広恵女流六段、甲斐智美女流五段、香川愛生女流三段 など。そうそうたる顔触れですが、アマチュア選手はプロ顔負けの内容で戦いを繰り広げます。 今回取り上げるのは 小野ゆかりさん と 礒谷真帆さん です。小野さんはチャレンジマッチにいなかったのではと思われたかもしれません。小野さんは前期本戦ベスト8の実績で予選からの出場でした。まずは小野さんの将棋から。 新棋戦の本局でもアマチュア選手が勝利しました。ご紹介するのは、叡王戦四段戦予選の一局。アマチュア選手は 横山大樹さん 。相手は新四段の 長谷部浩平四段 でした。

大勝利アマチュアからプロへ - 40291

「アゲアゲさん」折田アマ、プロ棋士合格あと1勝 - 社会 : 日刊スポーツ

お客様のブラウザはジャバスクリプト(JavaScript)に対応していないか無効になっています。詳しくは サイトポリシー をご覧ください。 疑惑は何ひとつ整理解決されず…予算成立/地獄耳 [6月13日]。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。