面白い

オンラインカジノの換金はこれで完璧!3つの換金方法完全ガイド

日本円送金カジノ適法性 - 59767

個人向けインターネットバンキング ログインはこちら。

バナー・ベラジョンカジノ

この単行本に筆者は「なぜ警察はパチンコを賭博罪で摘発しないのか?」という記事を寄稿した。誰もが疑問に思いながら、マスメディアにもネットにも正解は見あたらない。そんな問題を掘り下げることができたと自負している。  今回、その約15年前の記事に少し手を加えて公開するのは、問題に対する正解が当時も現在も変わらないからである。 どうしてパチンコが賭博罪で摘発されないのか。そのナゾを解き明かすため、まずパチンコにおける換金の仕組みを解説しておく。  もし、パチンコ店が客の出玉を現金と交換すれば、直ちに違法(賭博罪)となる。そこで、パチンコ店は客の出玉を「特殊景品」と呼ばれる、換金目的だけに使用される物品と交換する。特殊景品は、金地金やペンダント、シャープペンシル、文鎮、ライター石などが専用のプラスチックケースに入れられ、密封されたもので、一般に流通していない。  客は特殊景品をパチンコ店の近所の両替所へ持っていき、現金と交換する。特殊景品は両替所から景品問屋へ集められ、再びパチンコ店に卸される。  このような換金の仕組みは、パチンコ店、両替所、景品問屋の3つがかかわるため、「3店方式」と呼ばれている。  ときどき、「3店方式により、パチンコの換金は違法性をクリアしている」と言う人がいるが、勘違いもはなはだしい。客、パチンコ店、両替所、景品問屋のそれぞれの行為を全体として捉えれば、全員が賭博罪の共犯だ。  そもそも、パチンコがギャンブルでありながら、パチンコ店が客の出玉を現金と交換するという単純な方式では直ちに違法となるため、3店方式という複雑な方式が採られていることは、全員が認識している。つまり、賭博罪の犯意も明らかなのである。  事実、年、東京都新宿区の複数のカジノバーが3店方式による換金をはじめたが、警視庁は賭博罪で摘発した。なお、これらのカジノバーはパチンコ店と同様、東京都公安委員会(警視庁)の営業許可を受けていた。もし、3店方式により違法性がクリアできるのならば、ゲームセンターのUFOキャッチャーやガチャガチャなどでも換金が可能となり、同様の仕組みの賭博が広がる。 なぜ警察はパチンコを賭博罪で摘発しないのか? 20。 パチンコと刑法の賭博罪 「3店方式」という子どもだまし 警察庁は「直ちに違法となるものではない」 賭博罪と風営法 「換金合法化」を試みた警察庁 金地金を特殊景品として提供する奇妙さ 換金を一手に引き受ける警察の天下り会社 警察OBらを直撃取材 具体的に反論できない警察庁と警視庁。

1 オンラインカジノ

オンラインカジノの法律面での議論は、本当に沢山の場所・ニュースで扱われているので多くの知識を持っている方もいるとは思いますが、日本には「オンラインカジノに適用する確固たる法律」がありませんので、日々最新情報が変わっています。 これまでの情報や事件を含め、現在のオンラインカジノの立ち位置が理解できる様に解説します。 オンラインカジノは、主にはイギリスやマルタ共和国、フィリピンなど、政府機関から運営の認可を受けてサービスを提供しています。 認可を与えている以上、違法では無く合法と国が認めているのです。 これらの国の多くはランドカジノも合法の場合が多く、そのインターネット版であるオンラインカジノにも同様に合法となっています。 カジノのみでなく、オンラインギャンブル全般(ブックメーカー・オンラインポーカーなど)も同様です。 また、有名な事業者には、株式上場している企業もあり、社会的にも認められており、疑う余地はありません。 海外で合法のサービスを日本国内から利用する事に関しては、また意味合いが変わってきます。 日本人がラスベガスにいってカジノで遊んでも、合法国での遊戯なので、全く問題はありませんが、これが日本国内であれば、「闇カジノ(違法カジノ)で賭博行為をした」とみなされ、賭博罪に問われる事になります。 これはここ数年、芸能人やスポーツ選手で話題になったので、かなり解りやすいかと思います。 ですが、インターネットを介して合法国のサービスを日本国内から利用する場合は、確実な論理はありません。 違法カジノ店と言われる店舗のほとんどは、店舗内にブラックジャックやルーレットテーブルを用意し、お金を賭けて遊ばせる、ランドカジノと全く同じ仕組みになりますが、これにオンラインカジノが利用されているケースがあります。 所謂インカジと呼ばれるタイプで、ネットカフェの様に、店舗にパソコンを並べて、お金を賭けて、オンラインカジノで遊ばせるサービスになります。 これはこれまでも沢山の検挙例があり、オンラインカジノだからという訳では無く、全て店舗運営者が胴元として賭博場を運営し、プレイヤーが参加者となる為、明確に賭博罪違反で違法となります。 引用: 地球情報局。 今度は、個人がオンラインカジノを国内から利用した場合ですが、賭博法が適用された場合、「賭博を行うことと、賭博を行う場を提供する行為を処罰する」という趣旨から少し外れてしまいます。 賭博を行っている人は合っていますが、賭博を行う場を提供するものは、海外の合法サービスです。 ここに非常に違和感を感じてしまいます。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。