面白い

行く前に知っておくべきラスベガスカジノのルール!名店ホテルも合わせて紹介

イベントカジノネパールスロット - 57655

resocasi さんのツイート。

マカオに次ぐアジアのカジノ大国

タグ: お得 たのしい。 カジノのある海外の都市というと、日本のカジノファンの方々にとっては、ラスベガスやマカオなどがよく知られていると思いますが、実はこちらカンボジアにもカジノがあるんです。しかもその数は24!(年2月現在)と、数の上ではアジアのなかでマカオに次ぐカジノ大国と言えます。そのなかでも、タイと国境を接するバンテアイミエンチェイ州の町ポイペトにはゴールデンクラウンリゾート、グランドダイヤモンドシティー、ホリデイパレスリゾート&カジノといった多くのカジノが集まり、 「カンボジアのラスベガス」 と形容されることもあるほどです。 ポイペトの町には設備の整ったホテルはほとんどないに等しい状態ですが、カジノ併設のホテルは、カジノ客をおもなターゲットにしているためか、 清潔感もあり、設備がきちんとしている割に1泊30ドル程度とお得な料金設定 です。ポイペトにはカジノ以外にこれといった観光資源はありませんが、島国日本ではなかなか味わえない「国境の町」に滞在してみるのもなかなかおもしろい経験ではないでしょうか。カジノはポイペトからタイ側の国境の町アランヤプラテートへと続く道に沿って立ち並んでいますが、タイ国内ではカジノの営業は違法であるため、国境を越えてタイ側へ足を踏み入れると、そこにはもうカジノは見当たりません。「国境」というものを肌で感じさせてくれます。 ポイペトのカジノの遊びに来る人の大半はタイ人です。首都バンコクからバスで5時間程度揺られるとそこはもうポイペトのカジノ。マカオへ行くより安く済み、週末などに気軽に来られる距離であることから、バンコク在住のタイ人の人気を呼んでいます。そのため、カジノ自体はカンボジア国内にあるのですが、カジノ内に響き渡る言語はタイ語が中心。そんなところも 「国境」を体で感じさせてくれる ところです。アンコールワット見学のついでに、国境の雰囲気満点のカジノで熱いひとときを過ごしてみませんか? 旅行徹底ガイド 航空券ガイド 現地ガイド記事 たびナレ エイビーガール グルメガイド ショッピングガイド お天気ガイド ツアー一覧 航空券一覧 ツアー人気ホテル。

■世界のカジノは壊滅状態

ホテル自体はアンナプルナに泊まっていましたが、カジノアンナは解体されてしまっていたため、近くのイエティのカジノまで行きました。 カトマンズでは他にシャングリラのカジノしか知りませんが、そこよりも大きく。 ターメルに宿泊の際に見学がてら利用しました。ターメルから徒歩で20分位です。基本、信号がないので夜に幹線道路を徒歩で横断するのは中々勇気がいります。 温泉旅館のゲームコーナーをカジノにした感じです。電子化は全く進んでません。中国人のツアー客(おばちゃんとかの集団でテーブルを占拠)やインド人が多かったです。インドルピーをコインに変えましたが、結局無料のご飯とビールを食しただけでカジノは実施せずでした。 無料の送迎があるとネットで読んだのですが、オーダーの仕方がわからず、結局帰りはターメルまでタクシー使いました。 ターメルをはじめとし21時には大概のお店が閉店するので、暇なら行ってみる価値ありってところです。 ホテル自体はアンナプルナに泊まっていましたが、カジノアンナは解体されてしまっていたため、近くのイエティのカジノまで行きました。 カトマンズでは他にシャングリラのカジノしか知りませんが、そこよりも大きく活気があり、ショーもあってなかなか楽しい場所です。 ショーはインド圏らしくダンサーたちはあまり合っていなくダラっとした感じがありますが、まぁご愛嬌。ゲームをしていればビールやジュースは普通にタダで飲めます。そして、中国人の小さい子供たちがはしゃぎまわっていました。ここもインド仕様? ネパールは、10インドルピー 米ドルもok?)=1クレジットが基本のようで、換金時はネパールルピーで返してくれるので注意が必要です。ビデオルーレットが好きでここでももくもくとやっていましたが、ヨーロピアンスタイルのゼロ一つタイプですので勝ちやすいです。 ネパールでカジノを楽しむ場合、お勧めだと思います。 あいかわらずタダ飯が食えました。 今回はそんなにはまらず、何回かプレイしたのですがトータル30ドル負けだけで やめまして、良かったです。 ご飯も昔と変わらず、バイキング形式でピラフみたいなのと白飯とカレーやあと、カリフラワーのおかずと チキンのカレーやアイスはなかったのですが、お腹一杯にはなると思います。 スプライトも相変わらず飲み放題でした。日本人だと国籍チェックがあると思うので パスポートを持っていったほうがいいです。 米ドルのチップはなくなっていてインドルピーのチップだけになっていました。 ネパールルピーを持って行くと、インドルピーのチップに替えてくれます。 機械式のスロットが増えていまして、それは小さい金額でもプレイできるマシーンで 楽しかったです。下は6ドル位からプレイできます。ワンベット1ドル行かない位で プレイできたと思いました。 8割ネパール人が客層で後は、中国人が多かったです。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。