面白い

ホイール・オブ・フォーチュン

ウィールオブフォーチュンサンレモカジノ - 39586

WHEEL OF FORTUNE ウィール・オブ・フォーチュン について解説します。別名BIG SIXとかMONEY WHEELとも呼ばれています。WHEEL OF FORTUNEとは「幸運の輪」という意味でアメリカのイベントのなどで景品をつけたくじとしてもよく使われています。

Super Wheelを分析する

ラスベガスで「億」を超える金額のジャックポットが当たったというニュースがたまにメディアを賑わせることがありますが、ほとんどアメリカ人や外国人で、日本人が当たったという話題を耳にする事はありませんでした・・・ですが、調べてみると、日本人がジャックポットを当てた事があるようなんです。 当てたのは「この人」。 ラスベガスのジャックポットというと、当選が出てリセットされても1000万ドル(約10億円)から始まる「メガバックス(MEGABUCKS)」が有名ですが、この日本人男性が当てたのは、「ホイール・オブ・フォーチューン(Wheel of Fortune)」という機種。 出典: ラスベガス旅行記 Part 5。 カジノでギャンブル~。ルーレット編 - Pasteltown Network Annex ~Pastel Gamers~。

WHEEL OF FORTUNE: ウィール・オブ・フォーチュン

代表的なカジノのゲームといえば、スロットマシン、ルーレット、バカラ、ポーカー、ブラックジャック、クラップスなどがありますが、今回行ってみて改めて感じたのは、 恐ろしく種類が多い 、ということ。特にテーブルゲームは見たこともないようなゲームがたくさんあり、ポーカーだけでいったい何種類あるんだ....と驚かされた次第;。今回、自分たちがプレイしたのは、スロットマシン、ルーレット、クラップスの 3 つ。いやはやカジノというのはいろいろと奥が深いところがあります。 前回ラスベガスに来たときにはほとんどスロットマシンしか遊んでいなかったのですが、10 年ぶりに遊んでみてびっくり、 現在はかなりデジタル化が進んでいる のですね。タッチパネル搭載は当たり前、巨大なスクリーンでリアルタイム中継したりとか、それはまあびっくりするような仕掛けが結構ありました。 自分的にとにかく懐かしかったのが、こちらの Wheel of Fortune 。10 年前のときに、母親とともにかなりハマっていた記憶がありますが、昔と違ってかなりデジタル化は進んでいて、タッチパネルとか普通に搭載してました。 でもルールは昔と変わっておらず、至って単純。1~3 ラインに掛け金を張ってスロットを回す。ゾロ目が出ると当たりなわけですが、中でも Wheel of Fortune アイコンのゾロ目が出ると、台の上にあるホイールが回転して大当たりが出る、という仕組みです。 と、ぜんぜんルールを説明していませんでしたが;、各ルーレット台にはベースとなる掛け金が設定されており、例えば上の Wheel of Fortune の場合は 25 セント台と 1 ドル台の 2 タイプがあります。スロットでは複数ラインにいっぺんに賭けることができ、Wheel of Fortune の場合には最大 3 ラインまで張ることが可能です。ただし、前述したホイールは 3 ライン賭けた場合に限って回る仕組みになっている ため、実態としては毎回 3 ラインずつ、つまり 25 セント台のときは 75 セント、1 ドル台のときは 3 ドルずつ使って賭けていくことになります。また、この Wheel of Fortune はプログレッシブタイプと呼ばれるスロットで、簡単に言うと、ジャックポット(大当たり)の賞金額がネットワークでの積み立て方式になっています。(日本人でも当選した人がいるようで、 こちら にインタビューが掲載されていました。)。 さてさてそれはともかく、最近のラスベガスは不況の影響か、 最小掛け金が 1 セント という台も存在しています。……が、これがまたとてつもなく 意味不明 なスロットだったり;。

私が考えたSuper Wheel攻略法

9 why not 33 NH   AUSA. NX 825 30 2060 Hotel Royal 70 Macau beer Oh. We are in Macau. NYLondonLisbon remember. YMCA.

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。