面白い

カジノ化する世界を作った罪

ネットバンク世界一カジノ - 8388

今しか買えない株 逆襲の日本株!

関連記事(一部広告)

ラスベガスにとっては地球の裏側の出来事のようにも思えるが、そんなことはない。他人ごとどころか、むしろ当事者であり、ウォール街でも騒ぎになっている。  理由は単純明快だ。香港証券取引所などに上場しているマカオの大規模なカジノホテルの親会社はウォール街に上場しているベガス企業だからだ。(写真はサンズ社の旗艦ホテル、ラスベガス VENETIAN。まったく同じ形のホテルがマカオにもある)  ちなみにそれらベガス企業はここ数年、日本でのカジノ解禁を視野に入れた調査活動などにも積極的だったため、マカオの激変は日本の関係者にとっても無縁ではない。特に解禁推進派にとっては、カジノ産業全体が元気を失うことはマイナス要因となると同時に、その一方で、マカオ独自のシステム 「ジャンケット」 (カジノとギャンブラーの間を取り持つ人物や組織。このあとで詳しく説明)が消滅することになるのであれば、それはその実態を把握したり管理することがむずかしいとされてきただけに、今回のマカオの騒動は朗報になる可能性も否定できず、まさに今後のマカオの動向は日本にとっても目が離せない関心事となりそうだ。 マカオが激変している最大の理由は中国共産党の習近平政権による腐敗撲滅運動と、そのジャンケットに対する規制とされているが、その前に、ベガスにおけるカジノ企業の勢力図や、それら企業のマカオに対するビジネス・スタンスについてふれておきたい。  ここで登場するのはラスベガスそしてアメリカを代表するカジノ企業4社、 MGM、シーザーズ、サンズ、ウィン だ。もちろん地方都市などを拠点に活動している中小のカジノ企業もいくつかあるが、規模や国際的な知名度という意味ではこの4社に絞ってさしつかえないだろう。(アジアや英国のカジノ企業は議論の対象から除く)。 ラスベガスのストリップ地区における勢力図は右の地図の通りで、カジノホテルの数では MGM とシーザーズが圧倒的な存在感を示しており、サンズ、ウィンはあまり目立っていない。  一方、マカオではまったく逆で、 先頭を走っているのはサンズ、そしてウィンだ 。

ネットバンク世界一カジノ - 28618

SBIグループサービス

ランキング 週刊東洋経済プラス 四季報オンライン ストア セミナー。 トップ 新型コロナ ビジネス 政治・経済 マーケット キャリア・教育 ライフ 鉄道最前線 自動車。 ビジネス 金融業界。 世界一のデジタル銀行は日本と何が違うのか シンガポールDBS銀行CIOに聞く。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。