面白い

カジノで地道に稼ぐ人たちの手法

確率事象カジノバーデン - 53818

スロット・マシーンは10年前までは、機械から落ちてくる1㌦コインや25㌣硬貨の音で一種独特の音響効果をカジノにもたらしたものだが、今では全く音がしない静かなものになってしまった。これをキャッシュレス・マシーンという。金銭の投入やクレジットカード等は受け付けるが、勝金は全てバーコード印刷された紙(スリップ)としてでてくるもので、この紙を再度投入しても金銭の変わりになり、遊べる(Ticket-in Ticket-outと呼称する)。また、キャッシャーでも金銭にかえられる。かつ、この紙を受け入れ、24時間金銭と交換できる自動金銭交換器なるものまである。要は、スロット・マシーンから現金の支払い行為を一切無くしたわけである。従来機械からの金銭の取り出しや、コインの定期的な充填、大当たりのときの支払い処理などに関しては、都度人間が介在し、大変な労働力を要したと共に、現金取り扱いとなるために、不正防止の為の仕組みや手順を必要とした。これが、全て不要となり、人間が介在しない以上、不正防止を徹底できるようになった。かつ維持管理費用もかなり縮減することになる。機械ゲームの電子化や情報装備化は、この様にどんどん進んでいるが、実はこれは、規制や監視の在り方も変え、かつ制度そのものを変える要素をはらんでいる。不正のリスクが物理的に減少しているとすれば、規制の在り方も簡素化することができるからである。

Ⅰ 賭博とゲーミング・カジノの一般論

カジノゲームはリズムというかテンポというか、サウンドだよね 賭博は勢い。勢いがそがれると勝てない。頭に音楽が鳴るぐらいじゃないないと 縦連目を4手ぐらいでツラ切りで逆張りする人いるよな。当たればいいけど1発勝負だものそうそう当たらない で、フォローアップしてツラ切りを続ける時ってリズムは完全に止まってる。緊張が支配している時間。これがダメ ツラに張っていればツラが切れても損失は1単位だし何も焦ることはない。勢いのまま賭けられる ということは、こう来たらこう賭けるという流れ、展開を準備してゲームにのぞむということだよね。 ブラックジャック限定だけど 負けまくったお客さんの後に入りやすい。まぁハイエナだけど それから、ルーレットで延々とラッキーナンバー狙ってた客が抜けた後で そのラッキーナンバーを狙うと驚くほど当たる。ディーラーもびっくりしてた。 資金が万円なら10万円、30万円、60万円の3つのテーブルリミット別のグループに分けて、それぞれ千円、三千円、六千円ベースで賭ける 10万円グループで1万円やられたら、30万円グループで1万円取り戻して、10万円グループに戻る 30万円グループで3万円やられたら60万円グループで3万円を取り戻す。取り戻したらまた10万円グループに戻る 俺は万円グループまで一応用意しておくけど、これに手を付けるようじゃ運以前に腕が悪いと認めざるえない 基本は30万円グループで1万円を取り戻して追い上げる。1日2万円が目標だがバックパッカーにはこれでも大金 自称プロギャンブラーの古参に教えてもらった手法。地道やろ。 徒然草には、双六(当時の博打)の達人が必勝法を聞かれて次のように答えている下りがある 「博打の必勝法は、負けを出来るだけ先に伸ばすこと」古代のギャンブラーの知恵。 勝ち方じゃないけど 大きく賭けた時にタイが出たらベットサイズを下げるかルックする 二度タイが出たら完全にルックする ジンクスだけどな。 バカラとルーレットととクラップスと大小はどれも丁半博打だから最終的な出目の確率は同じなんだけど、出目の偏り、いわゆるポアソンクランピングが出現する度合い、その偏り方の特長がゲーム種毎にそれぞれ違うのは興味深いよね これはダイスがカードに比べて出目が偏りやすいから。一気に勝ち上がる感覚を味わえるのがクラップスや大小ということになる。だから、この台はいつも騒がしい。バカラは札引きルールがバンカープレイヤーで違うからいくらか偏る 一見、最も偏りがないはずなのが、ルーレットの赤と黒。イーブンオッドやマンクパスはホイールの配列次第で変わる。しかしゼロが入るために、実は意外と偏るのがルーレットの面白さ。ディーラーはツラ目を出せるのかと疑うほど伸びる。

Ⅰ 賭博とゲーミング・カジノの一般論

さて、カジノは政局で霞んでしまった。 昨日は、富士五湖を中心とした震度5弱の地震があった。 昨年の3月11日のすぐ後には、富士山の真下で地震があった。 東京直下地震の確率が上がり、富士山の噴火の可能性が高まり、いよいよ賭け率は高くなるだろう。  こんな状況だから、富士山から東への長期投資は急ブレーキがかかるだろう。 国は無策の見物だろう。 が、タイミングというか大阪都構想が沸いて、石原知事との連携もありそうである。 危機時の政府機能分散を計画しても文句の出ない環境が整いつつある。 災害でこれ以上の落ち込みの前に、西日本を中心とした活性化を行うことが肝要である。 大阪市は、矢継ぎ早に計画を発表しているが、地方の逼塞した市での取り組みは皆無に近い。 仙台空港の活性化にカジノ計画が浮かんだが、知事が乗り気でないようで頓挫したようである。 大阪も反対論者のためかカジノ構想がトークダウインした。 しかし、橋下市長と石原知事が組めば、日和見ていた地方の首長もこぞってカジノ礼賛を声高に叫ぶ光景が出現するだろう。 その日は近い。 HOME 鳴門IR健康保養誘致協議会 日本カジノ健康保養学会 カジノ健康保養システム 関連記事 TOPICS。 人民日報が、こんな事をぶち上げたが、ローカルの徳島新聞だけが報道していた。 自民時代は、竹島も尖閣も見て見ぬふり。 民主時代は、船長の釈放。 次は、うなだれながら厳重に抗議すると声を小さく叫ぶのか。 4月から長崎ー上海の定期船が就航して洋上カジノもと聞いていたが声が聞こえない。 噂では、海上カジノに中国政府が反対したとか・・。 韓国は、プサンと博多のカジノ船を出すとかの計画が浮かび上がり、なんとインチョンの飛行場近くに3500億円の規模でカジノ計画が決まったとか。 日本は、訳のわからん反対派の鶴の一声が怖いのかずるずると国際化の波にあらゆる分野が押し切られれている。 経済も政治も3流になってしまった。 ホームページが「 NOT Found」。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。