面白い

ポンツーンのルールと勝ち方・攻略法!

ゲームライブディーラーイギリス版ブラックジャック - 53945

ポンツーンとは、 プレイヤー(自分)とディーラー(親)1対1の勝負 で、 手持ち2枚からスタートし、合計数字が21に近い方が勝ちとなる 、カードゲームです。

ポンツーンとブラックジャックの違い

ポンツーンは、 親(ディーラー) と 自分(プレイヤー)と1対1で勝負する、手持ち2枚からスタートし、合計数字が「21」に近い方が勝ちとなる、カードゲーム です。 最も大きな違いは「 ディーラーのカードが、勝負するまで見えない 」事と、 「A」と「10、J、Q、Kのいずれか」の組み合わせの事 を、ブラックジャックではなく、 ポンツーンと呼ぶ 事です。 ただし、 最初の2枚が配られた時点で 、先にディーラーが自分のカード(ハンド)を確認し、この時点で ポンツーンだった場合は、プレイヤーの負け となります。 最初の2枚が配られた時点で 、先にディーラーが自分のカード(ハンド)を確認し、この時点で ポンツーンだった場合は、プレイヤーの負け となります。 そして、 カードを合計5枚まで引いて、合計が「21以下」の場合は、ファイブカードトリック(5カードトリック)という役になり、ポンツーン以外に全て勝ち ます。 違った場合は、自分のカードを確認し、 追加カードを引きたい場合は、ツイスト又はヒットと言うか、テーブルを軽くトントンと叩けば 、ディーラーが配ってくれます。

ブラックジャックを選ぶ理由は?

出典: ポンツーン(PONTOON)とは シンガポールでカジノ体験!失敗しない為のマル得情報。 他にもルールに少し違いがあります。 引き分け(プッシュ)の際は、ディーラーの勝利。 プレイヤーも15以下の数字では、次のカードを引かなくてはいけない。 インシュランス(ブラックジャックの保険)が無い。 出典: 【PONTOON(ポントゥーン)】と【BLACK JACK(ブラックジャック)】の違いや関係性。 出典: フィリピン・マニラ カジノ・夜遊び徹底解剖 フィリピンのテーブルカジノで人気のあるポンツーンのルール解説。 ローカルルールによっての違い。 ポントゥーン(ブラックジャック)の配当が3倍(2to1)。 ディーラーのカードは、2枚共に、裏向きになっている。 インシュランスができる場合もある。 ダブルアップが、何枚目でも出来る。 出典: ポントゥーン。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。