面白い

ブラックジャック‐ルールと遊び方を徹底解説

確率事象山の上のカジノ - 9729

そしてその勝負は、個々のプレーヤー(自分を含めた他の一般の客)とディーラー(カジノ側のスタッフでトランプを配る人)との 1対1 の対戦形式で勝敗が決められる。つまりプレーヤー同士(客同士)は互いにまったく関係ない。

ルーレットの発祥と歴史

このようにブラックジャックの場合は、それ以前のゲームの結果や状況が次回ゲームの確率や期待値に影響を及ぼします。このようなゲームを「 従属事象 のゲーム」といいます。 ブラックジャックの カードカウンティング とは前記の従属事象を利用して、期待値の大きい時にベット額を上げ、期待値の低い時にはベット額を下げる(もしくは打たない)方法です。

従属事象のゲームの利用

例えば、ルーレットで5回連続赤に玉が落ちる確率は、0などの特殊な状況を除くと、おおよそ 0。 ギャンブラーズファラシーとは、「本来独立である試行を、非独立に考える」と いう意味で用いられてきました。しかし、本記事ではさらに踏み込んで、「アイディアの実現可能性」ということも含めて、このギャンブラーズファラシーについて考えていきたいと思います。 今回は、「 多変量超幾何分布 」という考え方で簡単に分析してみます。 今回は手計算で求めるので、なるべくモデルを簡単にして考えてみます。まず、ミドルカードは何枚引かれようが、偏りの数値に影響を与えないため、これを除外した 40枚で考えることにします。 今回の分析で私が伝えたいことは、「機会の確率を考えること」です。これは「実現可能性」とも言えるかもしれません。 実社会においては、いかに優れたアイディアであろうと、実現可能性が低いものは机上の空論になってしまいます。 優れた新商品を開発しても、ターゲット層が全体の 0。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。