面白い

アジア各国の選択、外国人専用カジノ繁盛の舞台裏

カジノ入場制限比国ゲーミングスロット - 43075

マニラで規模が大きい、代表的なカジノ施設と言えば、「リゾートワールド内」「シティオブドリーム内」「ソレアリゾート内」「オカダホテル内」「AGニューワールソマニラベイ内」のカジノが有名です。 空港やマニラベイエリアに集中しています。また規模は小さいですが、ホテルによってはホテル施設内にスロットマシーンのみのカジノがあります。

統合型リゾート(IR:Integrated Resort)

未成年賭博は当然のことながら禁止されており、未成年者は欠格者として、カジノ場に立ち入りすることはできない。また、賭博行為を担うことが利害相反をもたらす利害関係者 関係する公務員、カジノ場の従業員 などは賭博行為をすること自体が禁止される。 賭博依存症患者に対する施策は、カジノ施設が実現する前の段階から、地域開発青年スポーツ省 (MCYS)傘下に 「賭博依存症国家評議会」(NCPG)と称する国の機関を設け、調査研究から、カウンセリング、治療に至るまで官民協働により、様々な施策が講じられている(同評議会の活動原資は、カジノができる前は一般会計から、カジノができて以降は入場料収入の一部が充当されている)。 シンガポールのゲーミング税の考え方は豪州の考え方に類似的な側面がある。ゲームの提供をサービスと見なし、その売り上げ(ゲーミングに係る総粗収益)に対し、通常の物品サービス税 GST 5% を賦課すると共に、更にこの総粗収益に対し、カジノ税を賦課するという形式を取る。尚、これとは別に、当然のことながら、費用控除後の企業の収益に対しては企業所得税がかかる。カジノに関する税率は固定となるが、売り上げ(粗収益)をVIPと通常顧客に二分し、各々の総売り上げに対し、異なった二つの税率を提供するという面白い考え方が採用された。

IR*ゲーミング学会

米国ネバダ州では、カジノ運営事業者のライセンスは、制限付きライセンスと制限なしライセンスに区分されており、それぞれの区分に応じてライセンス料やゲーミング(カジノ)税が徴収されます。なお、ネバダ州ではゲーミング収益に対して売上・使用税(sales and use tax)は課税されません。 シンガポールでは、カジノ運営事業者に対して定額のライセンス料が課税されるほか、富裕層顧客(VIP)に対する総ゲーミング収益と一般顧客に対する総ゲーミング収益とで異なる税率のゲーミング(カジノ)税が徴収されます。シンガポールではゲーミング(カジノ)税のほか、総ゲーミング収益に対して財貨およびサービス税(goods and service tax)も課税されます。

Ⅶ アジア・オセアニアにおけるゲーミング・カジノ法制度

…11 24. 1, … W88 1, 4.

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。