面白い

スマホ決済アプリ おすすめ6選を比較まとめ【2020年最新版】

決済サービスモバイル版 - 43773

スマホやタブレットを使ったモバイル決済サービスは 決済手数料 や 導入費用が安く 、 事業者の規模を問わず 、キャッシュレス決済に対応 することが出来ます。

【店舗向け】キャッシュレス決済サービス絞り込み検索

日本では年頃からサービスが開始されたスマートフォンに小さな機器(クレジットカードを読み取る)を連携させるスマートフォン決済、いわゆる 「スマホ決済(モバイル決済)」の導入が急激に増えており、さらに年以降にPayPayやLINE Payが数百億円規模のキャッシュバックキャンペーンを行ったことでユーザーへの認知が一気に広がりました。 日本では主に大手7社が店舗事業者向けにサービスを展開 しています。カード決済においては 手数料やサービス内容がほぼ横並び で、QRコード決済では 手数料無料のキャンペーン を実施しており、店舗事業者はどのスマホ決済の会社に決めるべきか?判断基準を見つけるのが難しいかもしれません。 本日はインターファクトリーでWEBマーケティングを担当している筆者がこれから店舗向けキャッシュレス決済の導入を考えている方向けに 「スマホ決済」について解説 いたします。

【2019】私が使っているキャッシュレス決済サービス

AirPAY・STORESターミナル(旧Coiney)・Square・楽天ペイを比較

iPhoneで利用するモバイル決済としてまず挙げたいのが「Apple Pay」だ。FeliCaを搭載したiPhone 7以降のiPhone、Series 2以降のApple Watchを、お店にある読み取り機にかざして素早く決済できる。SuicaカードやクレジットカードをiPhone内の「Wallet」アプリに登録すると、iPhoneをかざして交通機関や店舗での非接触決済に利用できる。また、アプリ内決済やECサイトでもApple Payで支払いができる。 対応するカードをWalletアプリに登録する際、Suicaカードの上にiPhoneを重ねてカード情報を転送したり、クレジットカード番号をカメラで読み取ったりと、非常に簡単に登録できる。支払い前にTouch IDやFace IDで認証するので第三者に使われるリスクが少ないこと、機種変更の際にカード情報の移行が簡単なことも好評だ。 サクッと使いたいならSuicaがオススメだ。「エクスプレスカード」として登録すると、iPhoneやApple Watchのロックを解除をしなくても利用できる。一方、クレジットカード派は、iD、QUICPay/QUICPay+が使える場所で使える。Touch IDやFace IDの素早いロック解除でスマートに決済できる。 また「Google Pay」も提供されている。Apple PayのGoogle版といった趣で、Google Payアプリから電子マネーやポイントカード、クレジットカードを登録して、まとめて管理できる。既にモバイルSuicaアプリやnanacoアプリなどをインストールして利用している場合は、そちらも継続して使える。 Google Payとおサイフケータイに対応した各種アプリは共存する。Google Payを利用すると便利なのは、Googleアカウントに登録しているクレジットカードから電子マネーのチャージができることだ。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。