催し物

マーチンゲール: 倍賭け法について|EXCEL(エクセル)で学ぶデータ分析ブログ

必勝法はあるかテーブルリミット - 41521

必勝法といっても今回ご紹介するものは 投資法(チップコントロール) と呼ばられるもので、 資金の管理やチップの賭け方を工夫するもの です。 連勝すると利益が出るものや1回の勝利で利益が出るものなど種類は様々 です。

モンテカルロ法を48ゲーム行った検証結果

統計学を学ぶと、必ずといっていいほど賭け事に応用したくなるものです あくまで私見です 。 但し、身を持って経験をせずとも結論を導くことができるのも、また統計学の面白いところではないでしょうか。 下記では古典的な賭博必勝法である「マーチンゲール 倍賭け法 」について考察していきたいと思います。 Wikipedia より 一部編集 最も古典的かつ有名な手法で、カジノ必勝法として永らく愛されてきた。 まず1単位賭け、負ければその倍の2単位、さらに負ければそのさらに倍の4単位、と賭けていき、一度でも勝てばただちに1単位に戻す、という手法。 試行回数に関係なく、勝った時には1単位を得ることになる。 いかがでしょうか。 資金がある限り「絶対に」負けません。そう、勝ち続けるのです! でも、こんな必勝法があったら勝ち逃げばかりされてしまい、たちまちカジノは潰れてしまうはずなのに、お客さんが儲かり過ぎて潰れたという話は聞いたことがありません。

COMUNICARSE

実践例:1ゲーム目 2。 実践例:2ゲーム目 3。 実践例:3ゲーム目 4。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。