催し物

マリーナベイサンズホテル最強情報

に一番人気のゲームホランドカジノ - 23207

オランダといえばカジノとイメージする方は少ないかもしれませんが、実はオランダは、カジノ王国なんです。オランダ国営カジノチェーンとして「ホランド・カジノ Holland Casino」が国内に14店舗あり初心者も安心して楽しめます。またカジノ付きのホテルも数多くあるのです。今回は初心者もわかるカジノの遊び方とオランダで人気のカジノホテルをまとめました。服装規定などの入場ルール、チップ制度など基本的な情報は事前にチェックしておくと安心です。ぜひ本記事を参考に観光と合わせてオランダでカジノ体験をしてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

会員登録 マイページ メニュー マイページ。 週末を利用して気軽に行ける距離。 日本語が通じるところが多いのも魅力 日本から約2。 世界最大級のカジノ都市に成長しただけでなく、 エンターテインメントも急速に発展中 もとポルトガル領のマカオ。 世界遺産にも登録された歴史的建造物が市内にあるほか、中国料理とポルトガル料理がミックスした、マカオ料理が堪能できる。香港から高速艇で約1時間で行ける距離とあって、日帰りのディスティネーションとしてはとてもポピュラー。せっかくなので、ここでカジノ体験してみては?もとより「東洋のラスベガス」と言われていたマカオだが、年代に入り、外資の積極的な導入をきっかけに、次々に豪華なカジノ&リゾーツがオープンし観光客の数が倍増。今や本家のラスベガスを抜いて、売上では世界最大のカジノ都市に。カジノはカジュアルな雰囲気で、気軽に参加できる。人気のゲームは大小やバカラだ。マカオの魅力はカジノだけではない。近年、力を入れているのがエンターテインメントで、さまざまなショーが見られる。女性には高級エステなども楽しみだ。 カジノ解禁になりオープンした、 2つの統合型リゾートが話題 長い間カジノが認められていなかったシンガポールだが、年についに解禁になり、カジノとホテル、モールなどを含む統合型リゾートが2軒オープンした。 3つの高層ビルを屋上で連結したマリーナ・ベイ・サンズは、のテーブルとのスロットマシンが並ぶ、単独としては世界最大級のカジノだ。ショッピングモールや劇場なども併設した大型施設で、このホテルの人気も高い。なかでも絶景が眺められる屋上プールは、入場が宿泊客のみとあり、このリゾートの宿泊が目的でシンガポールを訪れる人も少なくないという。もうひとつは、リゾート地のセントーサ島にあるリゾート・ワールド・セントーサ。カジノだけでなく、ユニバーサルスタジオや世界最大級の水族館シーアクアリウムなどのテーマパーク、複合プールを併設した大型施設で、見どころいっぱい。こちらは家族連れに人気だ。 国内唯一のカジノは、 クアラルンプールからも近い高原リゾートに マレーシアというと「厳しいイスラムの国」というイメージがあるが、首都クアラルンプールから車で約1時間の距離にあるゲンティン・ハイランドは、何とカジノもある高原リゾート。 この「カジノ・デ・ゲンティン」はマレーシア唯一の公認カジノで、24時間営業。さまざまなゲームが楽しめる。大型のリゾートホテルでは、快適な滞在ができるほか、屋内外にあるテーマパークも人気。アウトドアテーマパークではジェットコースターなどのアトラクションが、屋内テーマパークでは4Dシアターやスカイダイビング体験ができる。日帰りでクアラルンプールに戻っても、夜はペトロナス・ツインタワーのライトアップ見学や、チャイナタウンの食べ歩きなど、楽しみはつきないだろう。

その他のおすすめ特集

オランダは、あまり知られていませんが、実はカジノ王国なんです。そして、そのオランダのカジノを仕切っているのは「オランダ国」。オランダ国内に14店舗と、一番多く展開しているのは、国営カジノチェーンとして運営されている「ホランド・カジノ Holland Casino」なんです。 ホランドカジノは、国営だから・・・という理由なのかはわかりませんが、他の国のランドカジノとは違い、入場料がかかります。 ・入場料:5ユーロ(再入場可能)  近場のホテルの宿泊者はホテルで「無料入場券」が配布されている。 ・営業時間:12:00~翌3:00 ・年齢制限:18際未満NG ・入場時:パスポートチェック ・ドレスコード:緩い(Tシャツ・ブルージーンズでも入場可能) ・ドリンク:お酒は有料。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。