公開

オンラインカジノの基礎入金ビットコイン

日本国内のニュースでも日常的に「仮想通貨」という言葉がよく聞かれるようになりました。 しかしビットコインや仮想通貨というと投資のイメージが強く、実用的ではないと思っている人も多いのではないでしょうか。 実際、投資としての認知が大きい仮想通貨(ビットコイン)ですが、今では日本の実店舗でも決済に使うことができ、対応店舗もどんどん増えてきているのです。 そしてそれはオンラインカジノ業界にも広がり、ビットコインをはじめとした仮想通貨が利用できるオンラインカジノは次々に増えてきています。…

オファー

独占ゲームカジノの特徴

CASINO-X (カジノエックス)の魅力といえば、充実したプロモーション(キャンペーン)でしょう。CASINO-X では、 無料でアカウントを作成するだけで、入金不要の無料登録ボーナス30ドル(日本円、約3,円)を受け取ることができます。 このボーナスは、有料のカジノゲームの賭け金として使えるお得なマネーチップとなっており、ボーナスを使って得た勝利金は、50倍の賭け条件を満たすことで、実際に現金としても引き出せてしまうお得なマネーチップとなっています。…

面白い

オンラインの安全性ワールドホテルスパカジノ

フィリピンのカジノ市場規模はマカオ、シンガポールに次いで東南アジア第3位。 カジノ施設は国内に54店舗もあり、最近は政府主導で大規模なカジノIR事業を推進しているので、これから更なる成長が期待されている国なんです。…

チーム

限定出金国民カジノ

経済学の教科書によると、情報の非対称性 Information Asymmetry とは、二つの経済主体が、取引や契約などの何らかの関係にあるとき、一方の経済主体が他方の経済主体よりも多く情報を持っている、つまり、情報が偏在している状況を意味する。この情報の非対称性がある場合、情報をより多く持っている主体がその立場を悪用して、不正を働くことがある(卑近な例では、資金の貸出人は借入人がどのように金を使い、活用し、返済を考えているかを正確に知ることはできない。これを悪用して、借入人が借金を踏み倒すような事象を情報の非対称性を悪用したモラル・ハザードという)。カジノの場合にもこれは起こりうる。ハウスと顧客が保持する情報が必ずしも同じレベルではないことを悪用して、ハウス側が不正な行為により顧客をだます可能性を意味する。たとえば、顧客はゲームのルールが公正で、一方的に不利な状況にはないことを確認する手段をもたない。ルールの中に、顧客には解からないように、一方的にハウスにとり確率的に有利な前提を設定することは不可能ではない(これは、顧客勝ち分の配当に関するルールを顧客に解らないようにハウスに有利に設定するなどの考え方になる。説明しない限り、これを顧客は理解することができない)。あるいは、スロット・マシーン等の電子式ゲームは一定の論理回路基準に基づき、公正な確率で顧客にあたりを設定することが制度上の義務となるのが通例だが、これを改ざんし、顧客にとって不利な設定をすれば顧客が勝つ確率は減ることになり、ハウスは確実に儲けることができる(遊技における確率設定の考え方と同じである)。この場合、顧客にとっては何らの情報もなく、そもそも騙されていることを理解する術がない。本来顧客が勝つ確率を正確に理解し、この理解の上に立ち、賭け金行動をすることが適切なのだが、情報の非対称性が存在すれば、そうはならなくなる。…