顔の大きさにコンプレックスがある人が安全に理想を実現する方法

サイトメニュー

顔の形を変える安全な施術

注射器

整形外科で輪郭を整える

顔の印象は大事で、大きさで悩んでいる人は数多くいます。美容整形では小顔に矯正する施術方法が増えており、昔よりも安全に整形できます。注射やレーザーを照射する方法で小顔にできる施術も選択できるので、患者にとってリスクが低くなっています。小顔矯正の施術は輪郭部分などを整形するので、他人に知られやすい点がデメリットと考えられてきました。しかし、現在の整形技術ならば即効性が高いですし、自然な仕上がりにできるために他人の目を気にすることなく顔を小さくできます。また、患者の希望を聞き入れる体制が整っている整形外科が多く、専用のコンピューターを導入することで、整形後のシミュレーションを見ることが可能です。カウンセリングの段階で施術後の顔の形をイメージできるので、実際に施術を受けやすくなります。有名な整形外科ならば、カウンセリングに力を入れているために、患者が望んでいる顔の状態を医者が把握した上で施術が行われます。施術時間が短くて済む治療法も開発されているために、時間の余裕が無い人でも問題ない点も大きなプラスのポイントです。レーザー治療やボトックス注射を選択すれば、安価な費用で小顔になれる点もメリットです。数万円の出費で理想的な顔の大きさになれることは魅力的です。
整形外科で受けられる小顔矯正の治療で、人気の高いものはボトックス注入です。顔が大きく見える人は顎やエラが張りだしているケースが多く、施術をする医者が原因の判断をします。どの箇所にボトックスを注入すれば小顔に矯正できるか判断して、エラや頬、顎などに注射します。注射の施術ならば切る必要が無いので、痛みを感じることが少ないですし、精神的にも安心して整形できます。咬筋などを弛緩させることで、張っている部分を縮小させる効果があります。輪郭をシャープに整えることが可能で、フェイスラインを手軽に整えるために有効な施術です。手軽に受けられる施術方法ならば、治療日の当日からすぐにメイクができます。注射の傷跡が付く可能性がありますが、メイクで隠せる程度のものです。ボトックス注入で小顔にした場合は、効果の持続性は半年ほどなので、効き目が無くなってきた頃には再び治療を受けることが必要です。エラにボトックスを注入する施術は、6〜7万円ほどの費用で受けられるために経費を安く済ませたい場合におすすめです。一生涯において顔の輪郭を変えたい人は、顎や頬の骨を削る外科手術を受けたほうが良いでしょう。人の輪郭は千差万別ですので、カウンセリングで医者と話し合って、どのような施術が一番効果があるか考えてから方法を決めるべきです。

Copyright© 2019 顔の大きさにコンプレックスがある人が安全に理想を実現する方法 All Rights Reserved.